6石クロスLLLサイズ♪

この投稿をInstagramで見る

工房アイボリータワー☆上野御徒町☆さん(@ivorytower.jewelry)がシェアした投稿 -

今年の夏も、早いもので
そろそろ終盤を迎えようとしてます。
梅雨明けから8月上旬の猛暑続きの頃と
比べると、少し風が涼しく感じられるように
なってきました。
これから、冬の到来まで過ごしやすい日が
続きそうですね。
さて、おかげさまでお盆休み明けから、
何かしらのご注文を頂く日が続き、
比較的ハイペースで作業をこなす毎日です。
様々なリクエストから生まれた
工房オリジナルジュエリーも、
気づけば、ずいぶんモデルやアイテムが
増えてきました。
まだまだ、今後も少しずつ改良したり、
精度を上げるられるように、
工夫していこうと思っています。
そんな中で、
昨年、大変ご好評頂いた6石ダイヤのクロス
ペンダント。
当初のSMLの3サイズだったのが、
小さい方と大きい方を1サイズずつ追加して、
SSS(元々あったルーツ的モデル)~LLサイズまで
全6サイズの展開になりました。
それから、1年後・・・
今回は、以前よりさらに大きなものにご興味をお持ちの方が
いらっしゃって、
LLLサイズを一型増やしました。
このLLLサイズ、縦横サイズは約21×16ミリと、
数値で表現すると、それほど大きくは感じないですが、
実際は、婚約指輪にも一粒飾れそうな
0,4カラット台のダイヤが6石ですから、
かなり立派なペンダントに仕上がりました。
単純計算では、6石合わせて2,4ct~2,5ct.と、
ジュエリーの成りとしては、かなりのボリュームサイズ。
一粒が直径約5ミリのダイヤですから、見た目の迫力も
段違いな印象です。
ただし、作ったのは良いですが、
綺麗でリーズナブルなダイヤモンドを揃えるのが、まぁ大変。
昨年、一つ下になるサイズ、LLサイズ(これでも十分な大きさ)
でも、6石合わせて約1,5カラットのダイヤを飾って、
圧巻なゴージャス感だったのを、
そのさらに1カラット増しですから、
当然、見映えはかなりのもの。
一粒の0,4カラット台のダイヤというと、
例えば、石入れのご依頼の多いクロムハーツ製の
代表作のキーパーリングやK&Tリング、ペンダントでは、
スモールクロス(縦4cm位のモデル)の真ん中一粒と
同じようなサイズ感のダイヤモンドですから、
それが一つにまとまって6石ともなれば、
どんな感じかをご想像頂けるかも知れません。
クロスのペンダント本体は、18金で作っても
重さ的には10g程度。
LLLサイズは、組み合わせるネックレスチェーンも
それなりにボリュームのあるチェーンを想定しているので、
クロス上部のバチカンリングも、遊動式の5石ダイヤの
楕円リングが組み合わせられるように設定しました。
(LLサイズまではクロス上部に固定タイプの楕円カン)
もうすでに、当初から楽しみにされていた方の
元へと納めさせて頂いていますが、
その迫力にご満足頂いたようでなによりです。
この6石タイプのクロスの兄弟モデルと言いますか、
定番の11石(小さいモデルは12石もあり)タイプの
クロスペンダントも、SMLサイズの他、小さいなサイズが
2種類あり、お好みによっては、こちらを選ばれる方も
いらっしゃいます。
でも、どちかというと、
6石クロスを選ばれる方が多い印象です。
理由の一つとして、11石クロスは縦横の比率が
黄金比(約1:1,6)に近く、6石クロスの方は白銀比(約1:1,4)
といった比率に近いので、欧米の美へのバランスの黄金比より、
日本の古くからの美への感覚、白銀比のバランスの方が
少しだけ優っているのようにも感じます。
というわけで、ジュエリーの定番のクロスペンダント、
お好みやご予算次第で様々なスタイルや大きさに作れるので、
妄想や創作は広がるばかり。
美しい輝きのダイヤモンドを胸元にちょいと飾るだけで、
Tシャツにジーンズ姿でも、ずいぶんと雰囲気が変わるもの。
今作LLLサイズの6石クロスも、これ以上大きくすると、
さすがに普段着け・・・といった雰囲気ではなさそうなので、
このモデルは今回で終了といったところだと思います。
当工房の主目的は、普段、日常的にどなたにもお使い頂ける範囲で、
カジュアルでエレガントな雰囲気のジュエリー作りですから、
サイズ的にも価格の範囲に関してもこれ位が大きさの最高値かなと
感じます。
ちなみに、この一連の6石クロスペンダント、
一体いくら位の価格帯なのか、
また、それが一般的に見て高いのか安いのか?
いつも通り、価格帯が不明な印象を持たれやすいのですが、
実はこの一連の6石クロスペンダント、
価格をイメージするのが簡単です。
例えば、一粒1万円で買えるダイヤモンド・・・
どんなかというと、直径約3ミリ、カラットにして0,1カラット位、
それが6石なら単純に総0,6カラットで6万円。
本体のペンダントを18金で作って、工賃も手間代も
諸々含めて約5万円位だとしたら、
合計で11万円ほどです。
その大きさはというと、石は縦に4石並びますから、
3ミリが4石分で計算上では3×4=12ミリ、
横には3石並びますから
こちらも計算上では3×3=9ミリ、
石と石の間は少し隙間が空くので、
結果的にクロスの縦横サイズは、約14×10ミリとなります。
そう、前述の白銀比に近い1:1,4。
そして、この仕様のサイズ設定を当てはめると
Mサイズ(下記参照)となり、
価格帯は当初の設定の92000円~15万円(+税)。
価格に幅を持たせたのは、ダイヤモンドの品質により、
多少一粒あたりのダイヤモンドの値段が変動することで、
変わりますので、ご予算に応じて石をセレクトする形に
なります。
ダイヤモンドの値段は、一般的には不明瞭ですが、
お肉屋さんに行って、ステーキ用のお肉を買う感覚と
ほぼ一緒です。まぁまぁピンキリの世界でも、
大体自分に合った値段を頭の中で計算して、
お買い物されると思います。
よく耳にするA5ランクとか、産地とかで100g単位で
値段が変わりますから、ダイヤも同じように、重さと品質で
大きく変わる感じです。
仮に直径3ミリサイズ、約0,1カラットのダイヤ一粒1万円は
どれ位の品質かというと、大体中級といったランクです。
中の上といった感じでしょうか?
鑑定上、暗号みたいな言葉を並べても分かりづらいと思いますので、
大体の感じでお伝えした方が捉えやすいかなといった感じです。
専門用語で、何カラー云々を伝えても・・・?はぁ?って
感じると思いますし、鑑定上少し上がったり下がったりする位では、
お肉と同じように、両方買って味見しないかぎり分からないか、
全然分からない世界かどちらかだと思います。
ちなみに、直径3ミリ位で1万円のダイヤ、同じ位のランクで
1カラット超えのダイヤを買おうとすると、大体70万円位します。
そう、ダイヤは小さいと、ビックリするほどの値段じゃないんですね。
でも、クロスペンダントとして6石揃えれば石だけで6万円、
本体と合わせて約11万円。
この値段、18金製で中くらいの品質のダイヤを総0,6ct.飾って、
11万円で販売するのは、安いのか高いのか?
11万円は金額としては高額ですが、
実際には、あなたの商売はボランティアか?ってほどお安いです。
同じような内容で、もっと利益を得ようとするなら、
一般的な小売りビジネスでは、上代設定がもし11万円の場合、
生産コストは20%~30%に抑えるのが普通です。
そんな、7割も利益かよ?って話ですが、
それ位に設定しないと、生産側、卸販売する問屋やメーカー、
そして小売店舗の3つの業者の誰も利益が出ないのが、
多分普通のことだと思います。
では、同じ0,6カラットのダイヤのクロスペンダント、
仮に11万円の30%の33,000円原価で作ろうとします。
真っ先に材料代としてダイヤモンドを6石分用意するには、
1石あたり3000円位まで落として、それが6石で
18,000円、残りの15,000円を使って18金製のクロスを
作ろうとすると、18金1グラムは約4,000円を超えるほどなので、
できるだけ重さを抑えた作りになります。
そう、よくあるペラペラ。
頑張ってそぎ落として、
仮に3グラムを使って12,000円、残り3,000円が純粋に作る工賃、
トータルで33,000円。工賃たった3,000円かよ!
現実そんな工賃でも作業を請ける人・・・石止めと仕上げだけ・・・
なら数がまとまるなら居るかもです。
ダイヤ代の差は当工房の場合の1石1万円、6石合わせて6万円と、
一般的な商売の法則に則って作った場合の
3,000円のダイヤが6石分で18,000円・・・
同じ販売価格11万円の金額でも、中身が随分と違うのは、
誰もが想像する通りです。
同じサイズのダイヤモンドで、
1万円と3,000円だと、どれ位見た目に差があるのか?
それは値段のイメージ通り、歴然で当たり前。
興味が無い人でも、すぐに簡単に判断できるレベルです。
というわけで、当工房で作っている、
その他のオリジナルジュエリーも、
総じてそういった一般既製品とは、
まったく違った感覚で値段設定をしています。
同業でジュエリーを作っている人、
卸売りしているメーカーさん・・・
色々顔見知りの人が居ますが、
僕のやってること、理解できる人、
まず居ません。
といった世界です。
また、当工房の常連のお客様からは、
相変わらず商売っ気無いね・・・と言われますし、
もう少し取ってよ・・・とか、それで足りるんですか?
とか、挙句の果てには、ほんとに18金なの?(笑)・・・
なんて、お客様の方から言われてしまいます。
優しい値段にしている理由は、その分沢山買って欲しいし、
沢山あれば、今日はこれ♪とか、この日は出掛ける時に
これを着けて行きたいとか、いろいろ選択ができるし、
それがまた、満足感というか、幸福感に繋がるし、
綺麗なものを見たり身に着けるというのは、
なにか分からなけど、気分が上がる。
沢山作る分、作業したり注文を取るのは大変だけど、
お客さんが幸せになれば、こっちもなんだか嬉しいし、
次はこれが良いなとか、これにしようと、
買い物自体も楽しんで頂けると。
作業は毎日大変で、ちょっとギブアップな時も
たまにはあるけど、この仕事が続けられるのは、
やっぱり作ったり、こういうのあったら良いとか、
そんな創作の時間が楽しいから。
ジュエリーの世界がもっと広がるためには、
的確な情報を発信して、本当に価値と思えるジュエリーの
楽しみ方を知ってもらえたら、
製作者としても幸せになれるかなと思っています。
■SSSサイズ  30000円~ 
ダイヤ総0,08ct前後 縦約7ミリ
■SSサイズ   39000円~ 
ダイヤ総0,19ct前後 縦横約10×7ミリ
■Sサイズ    49000円~73000円 
ダイヤ総0,3ct前後 縦横11×8ミリ
■Mサイズ   92000円~150000円 
ダイヤ総0,6ct前後 縦横14×10ミリ
■Lサイズ   160000円~420000円 
ダイヤ総1ct前後 縦横16×12ミリ
■LLサイズ 上質石で概ね70万円前後(ASK) 
ダイヤ総1,5カラット前後  縦横18×14ミリ
■LLLサイズ  要相談
ダイヤ総約2,5カラット前後 縦横21×16ミリ
*クロスの縦横サイズはクロス部分の約サイズ。
ブログやインスタグラム掲載の作例の中で、
気に入ったものがありましたら、
お気軽にお電話にてお問合せ下さい。
いろいろ見たい方は各モデルのサンプルをご用意していますので、
どうぞ工房までお越しください。
ご遠方の方は、お電話にて詳しくご案内の上、
ご検討頂いて、ご注文が決まりましたら、
仕様内容等、ご指示の上で製作承ります。
ちょっと、お店で買うのと勝手が違いますが、
基本はお電話にてお話させて頂き、
スムーズにご案内、受注製作させて頂いています。