すっきりしたクロスペンダントです♪

この投稿をInstagramで見る

⭐️recommended🌈🌟✨💎✨ ⭐️お勧めストーンチャーム ⭐️ブラックダイヤモンド・タンザナイト・イエローサファイア・ダイヤモンドなどなど0,5ct.~1,5ct.までボリューミーな5プロングスタイルの石枠ペンダント=ストーンチャーム18金製またはプラチナ製にて、お好きな宝石・天然石をサブチャーム使いした作例です😍🎊👍️👍️👍️💯 ⭐️クロス、スター、ムーン、スカル他、お手持ちのペンダントトップの脇に添えて彩りや輝きが楽しめるサブチャーム🌈 ⭐️Instagram掲載作例はすべてセミオーダー受注製作にてお作り承っています ⭐️詳しくはお電話にてお気軽にお問い合わせ下さい🙏📞メッセージ・メール等文字打ち系からのお問い合わせではご案内しきれない為、当工房ではお電話にてご案内させて頂いてます。工房へお越しの際やご注文の際もお電話にて発注承っています。 ⭐️製作者から直にユーザー様へ販売・お渡しするスタイルで敷居の高いイメージの18金やプラチナジュエリー・ダイヤモンドジュエリーがより身近に👍️💯日常を楽しめるカジュアルなデザインを中心に良質な素材を使ったジュエリーを製作しています #ストーンチャーム #ペンダント #ゴールドペンダント #メンズジュエリー #工房 #アイボリータワー #東京 #ivorytower @ivorytower.jewelry

工房アイボリータワー☆上野御徒町☆さん(@ivorytower.jewelry)がシェアした投稿 -

ようやく夏らしい雰囲気に
なってきました。
やっぱり、夏はこうでなくっちゃ!
とばかりに、内心喜んでます。
昨年みたいに、7月中だけ晴れて、
8月に入ったらお盆が過ぎても
ずーっと雨では、
さすがに気が滅入ってしまいます。
ということで、今回は
お天気のようにスッキリが好ましい
クロスペンダントのご紹介です。
オリジナルのペンダントモデルとして、
ゴシッククロスペンダントのSMLサイズも
ご好評頂いていますが、
こちらは、一連のゴシッククロスの
中間的サイズで、石無しのソリッドタイプです。
アウトラインは、ゴシック調、
立体感はスタッズ形状に仕立てた
シンプルなクロスペンダントです。
上部のネックレスチェーンを通す部分だけ、
ダイヤを飾ったパーツをお選び頂いています。
男性にちょうど良いサイズ感、
大きくもなく、小さ過ぎない、
そして石を飾らずに、地味派手感を持たせた
普段着けにお勧めなトップとして
ラインナップしました。
もちろん、大きめなトップがお好きな女性の方にも
お勧めですが、これまでご注文頂いたお客様は、
全員男性の方からでしたので、
やはり男性向けのボリュームということになります。
当工房では、どちらかというとオーバースペックな
上質ダイヤをウリにしている部分もあるのですが、
たまには、こうしたシンプルなペンダントというのも
新鮮だと思います。
作った自分自身でも、このクロス、なかなか
気に入ってます。
というのも、実はこのモデル、
再販型のニューバージョンで、
かなり以前に、
同様のゴシック系のアウトラインのクロスを
スタッズ状に仕立てたファーストモデルが存在していて、
そのモデルには、クロス全体にダイヤモンドを飾った
仕様として販売させて頂いていました。
それから、PC支援の造形システムが確立して、
それまで完全にハンドメイドだった製作方法から、
より正確に商品化できる製作方法を
取り入れられるようになり、
このゴシック・スタッズ・クロスの
3つの要素を盛り込んだデザインを復刻させたくて、
実現したのが、今作となります。
すでに、ダイヤを飾る
ゴシッククロスSML各サイズを
ラインナップした後でしたので、
逆にダイヤを飾ることなく、
独特の形状を活かそうと思って、
サイズもワンモデルのみ、石も飾らない、
そんな仕上がりを具現化したのが、
今作に籠る想いです。
製作費用は、昨今18金の素材としてのお値段が
顕著に高騰していることで、
あえて、定価設定をしていませんので、
ご興味お持ち頂いた方がいらっしゃいましたら、
大変恐縮ですが、お電話にてお問合せください。
詳しくご案内させて頂きます。
他の商品モデル(受注製作品ばかりです)も、
同様に、工賃と素材代を合算したギリギリの
お値段で販売させて頂いている都合上、
大変申し訳ないのですが、
お値段は、その都度お問い合わせ願います。
おそらくは、18金やプラチナ素材に、
ダイヤモンドを飾った、デザイン的にはカジュアルな
アクセサリー寄りでも、素材質感としては、
いわゆるジュエリー寄りの商品のお値段として、
はぁ❔って感じられるほどの
価格帯だと思います。
中には、ほんとにダイヤですか?とか、
18金製ですよね?
と尋ねられる方もいらっしゃって、
作っている自分から発するのもおこがましいですが、
ジュエリーって素材や宝石の素材としての値段を
知るとほんとに安いです。
さすがに、安い=低い金額・・・と勘違いされても
微妙なところですが、中身の価値の割りに安いという
意味でこの安いという言葉を使わせて頂いていますので、
誤解なきようご留意願います。
10万円とか50万円とかが、一般的に安い金額とは
言わないでしょうから、そういった捉え方では
安くはないです。
ただ、500万円で販売されているような同等の内容のものが、
50万円だったら、破格に感じられるかと思います。
それがジュエリーの市場の現実世界。
そういった意味での安いです。
ジュエリーという世界は、美術品や工芸品に近い感覚の
価値観かも知れません。
住宅とか、自動車などは、お値段によって使われている素材や、
質自体も異なってきますが、ジュエリーはどこで買っても
18金は18金、ダイヤはダイヤで、それこそ、ダイヤモンドは、
鑑定書の内容で世界的な相場がきっちり決まった宝石なのにです。
ただ、売りかたとかデザイン性、ブランド付加価値だけで、
同じ鑑定付きのダイヤが5倍にも10倍にもなる、
不思議な世界です。値段に見合ったもの、
それを見分けるには、かなり勉強代を払わないと、
理解しずらい、だから、100万円で買えるはずのダイヤが
500万円になっちゃう。そんな世界だと個人的には
感じています。
価値観やものの捉え方は人それぞれ、デザイン性も含めて、
価値観を共感頂ける方のみを
大切にご案内させて頂いています。
Instagramやブログ掲載の作例や加工例の中で、
ご興味をお持ちのものがありましたら、
是非お気軽にお問合せください。