スクエアリンクブレスレット☆

2月も残すところ、あと僅か。


日にちが少ない分、早く感じます。


今週も、少しご依頼の製作が立て込んでいますが、

気を引き締めて作業に集中しようと思います。


また、先々週後半にご注文頂いたお品物で、

まだ未完成で、納期に遅れが出てしまっているものも

ありますが、もう少々お待ち願います。



一両日中には、

納品させて頂く予定で進めています。





さて、今回は表題のスクエアリンクの

ブレスレットについて少々。



View this post on Instagram

⭐️スクエアリンクチェーンブレスレット 👍️👍️👍️✨🎶✨🎶✨🎶✨🎶 ⭐️おかげさまで多くの方にご好評頂き💫人気のブレスレットになりました🎊😍💯 ⭐️メンズ向けのボリューム感🌠重量感が楽しめるブレスレットに仕立てています👍🏻🎵 ⭐️18金製43万円+tax~仕様により変動/ダイヤモンドを飾ったモデルで75万円+tax~ ⭐️受注製作/納期約2週間前後 ⭐️一回り細いナローモデルもあります🗽画像⑤⑥👌こちらは18金製30万円+taxにて受注製作承っています👌どちらもシンプルなメンズジュエリーデザインのリンクブレスレット🎶ありそうでなさそうなデザイン😍18金の価値の意味をご存知の方々にはリーズナブルな価格帯で製作させて頂いています👍️😏 ⭐️お問い合わせ・製作ご依頼の際はお電話にて承っています🙏 #ジュエリー #ダイヤモンド #ブレスレット #メンズジュエリー #工房 #アイボリータワー #東京 @ivorytower.jewelry

工房アイボリータワー☆上野御徒町☆さん(@ivorytower.jewelry)がシェアした投稿 -






もうかれこれ10数年前になるでしょうか、

まだ、とあるセレクトショップさまの

下請け(デザイン・企画・製作・卸売り)を

やらせてもらっていた頃、

まだ、その頃はメンズ向けのシルバー製品が主体でしたので、

ボリュームたっぷりなシルバー製のチェーンブレスレットを

よく作っていました。



金具も、複雑な機構ではなく、T-バーとリングの組み合わせで、

リンク(コマ)のデザインは、少し丸みを帯びた楕円形。


T-バーのキャッチ側のリングを楕円形にしたのも、

当時のブレスレットのモデルから、

ただの丸いリングとTバー金具のブレスレットだと、

上手に着け外ししやすいサイズ感で作ったとしても、

着用時、意外なことに腕を振った際などに自然に脱落してしまうことも多く、

外れにくくするには、どうしたら・・・という工夫の結果が、

楕円形にすることだったのと、

リンク(コマ)のデザインにマッチした結果の

この2つの要素が、今回のブレスレットにも反映されています。



もちろん、当時のシルバー製のブレスレットは、ちょっと丸過ぎて、

今さら作ろうとは思いませんし、当時の下請け業ゆえの指示的な

デザインの反映は、今や自分の中では”化石化”したような印象ですから、

頭の中のイメージからは削除しました。




ということで、下請け業から脱出後、とあるお客様からの

ご依頼で、ウォレットチェーンを作ったのが

最初のきっかけとなりました。


その最初の形は、四角いリンクと丸いリングのコンビネーション。

ウォレットチェーン向けのリンクパーツでしたので、

今見ると、結構な大きさのパーツでした。



それから、ブレスレット向けにサイズやボリュームを落として、

小さくしたパーツをコンビネーションしたり、

丸いリングを四角いパーツに変更したり、年を重ねるごとに

改良、形状変更して現在に至ります。


まとめると、ウォレットチェーン向けにⅠ型が誕生、

そしてダウンサイズしたⅡ型と続き、

さらに今作四角いパーツの連続のⅢ型、

少しボリュームダウンしたⅣ型と、

現在4タイプのオリジナルチェーンを

展開するまでに至りました。





Ⅰ型は、楕円形に近い四角いチェーンコマと、丸いリングの

コンビネーション、Ⅱ型は同じ丸と四角のコンビをボリュームダウン

させたモデル、Ⅲ型は四角と四角のコンビ、Ⅳ型はその四角四角の

コンビのデザインのままボリュームダウンさせたチェーンモデルと

なっています。



↑のインスタグラム掲載の作例のブレスレットはⅢ型と少し細身の

ものがⅣ型となっています。



製作は、他の商品と同様に、受注製作にて、

18金またはプラチナ製、もちろんシルバー製でも

お作りは可能です。


ただ、ちょっと残念な交換価値の無いシルバー製でも、

作る工程は同じですから、販売価格は金やプラチナ製と

比べたらお安めですが、

少々割高な価格設定となります。(詳細はお問合せください)

それでも、シルバーの素材が好み、一番好き、肌なじみが好き、

そうした方も沢山いらっしゃいますので、

デザインが気に入ったという方には、お作りさせて頂きます。


と、つらつらと、自分へのモデルの確認の意味でも、

並べたてて書いてしまいましたが、写真を見た瞬間の印象が

気に入っていただけるかどうかの世界ですから、

ピンと来た人がご注文してくれていると思います。



今回ご注文頂いたお客様も、以前からいろいろ加工や製作の

ご注文を頂戴して、長らくお付き合い頂いているお客様からの

ご依頼でした。


Ⅲ型とⅣ型のどちらが良いか、実際に腕に着けて頂いて、

ボリューム(大きい方)を取るか、小振りな洒落感を取るかといった

迷いも少し合ったご様子でしたが、やはりボリュームのある方を

お選びになりました。


Ⅳ型の若干細身の方は、バングルとか他のブレスレットと重ねて着けるなら、

良いかも知れませんし、ボリュームとかサイズ感というのは、

本当に個人個人のお好みと着けた時に感じる印象で、

決まるものと常に思います。



というわけで、今回はスクエアリンク チェーンブレスレットの

ご紹介でした。


偶然にも、今作も、連続で別のお客様からご注文を頂いて、

現在製作進行中です。



ブログやインスタグラム掲載の作例についてのお問合せは、

お気軽にお電話にて宜しくお願います。


■ブログトップページ(一番下にスクロールしてパソコン版に切り替えて

ご覧頂くとみやすいです。)





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック