アイボリータワー☆ ←click

アクセスカウンタ

zoom RSS 6ダイヤモンドクロス☆ペンダント

<<   作成日時 : 2018/01/28 14:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


↑プラチナ製のツィストチェーン(細身です)&

6石ダイヤモンドクロスペンダント(Sサイズ)の組み合わせ



毎日いろいろな形やスタイルのジュエリーを妄想してます


正直、自分は30代から、異業種からの参入者なので、

厳格な”職人”として修行したわけでもなく、

ただただ、なにか作りたい

スタイリッシュなものが作りたい・・・が、いつも続いているといった感覚で、

これまで18年間活動してきました。


中でも、”スカル”と”クロス”というモチーフに魅力を感じ続けて、

様々なスタイルやアイテムに取り入れながら製作して、

たくさんの方々に気に入って頂き、ご購入頂いてきました。


今回の6ダイヤクロスペンダントも、

元を辿れば”プチっとクロス”という、

すごく小さな(縦サイズ約7ミリほど)、

女性へのプレゼント向けのペンダントとして、

製作し始めたのがきっかけとなりました。




もう、6−7年のお付合いになるでしょうか、

とあるお客様のご依頼が”プチッとクロス”の最初のご注文だったと

記憶しています。




こちらのお客様には、今も頻繁に遊びにいらして頂いて、

変わらずお付合い頂いていますが、

最初にお越しになったきっかけが、ネックレスチェーンの留め金具に、

5ミリほどの小さな”スカル”をキャッチに使っていたのを

ブログでご覧になって、「こんなの見たことないよ」と言って

ご注文にいらしたのが印象的でした。



それから、別のお客様がたにも、ご遠方の方からも

”プチッとクロス”のご注文が続くようになり、


いっそのこと、”バリエーション”を増やして、サイズを何パターンか

大きくして作ろうと、ある日突然のように”発作的”に思い付いて、

一気に、S/M/Lの3サイズを作りました。



その後、お客様からのアドバイスもあって、

元々の”プチッとクロス”=SSSサイズとSサイズの中間ぐらいの

大きさも女性の好みのサイズ感ということを伺って、

SSサイズを追加、さらに自分の好みで最大サイズのLLサイズと続いて、

現在、SSS/SS/S/M/L/LLの全6サイズの展開になりました。





SSSサイズは、縦7ミリの極小クロスといった感じで、

お値段はチェーンとセットのみの設定、18金製にダイヤの組み合わせで

3万円〜39000円となります。(値段の差はダイヤの質と、

ネックレスチェーンのボリューム・全長によります。)





***↓参考価格は18金イエローゴールド製でトップのみ税別のお値段です***

SSサイズ  縦約10mm、ダイヤ6石で約0,2カラット 39000円〜59000円


Sサイズ  縦約11mm、ダイヤ6石で約0,3カラット  49000円〜73000円


Mサイズ  縦約14ミリ、ダイヤ6石で約0,6カラット  92000円〜15万円(極上ダイヤ21万円)


Lサイズ   縦約16ミリ、ダイヤ6石で約1カラット   16万円〜255000円(極上ダイヤ42万円)
 

LLサイズ  縦約18ミリ、ダイヤ6石で約1,5カラット  29万円〜77万円(極上ダイヤ要問合)


***上記価格は参考価格です。予告なく変動します***

***プラチナ900製の場合は、概ねですが20%前後お値段上がります***


***プラチナの方が高価になる理由はこちらをご覧ください。***

画像





と、ざっくりと、仕様サイズと価格帯をご案内させて頂きましたが、

ご注文の多いサイズは、SS/S/Mサイズです。


感覚的には、女性のお客様にはSSサイズがお勧めです。

物足りない方にはSサイズといった感じでしょうか。

Sサイズは、上部のチェーンを通す楕円のリングを細めに仕立てた仕様も

お作り可能です。





男性の方には、当然Lサイズがお勧めなのですが、

上質なダイヤモンドの輝きを優先するなら、

ひとつサイズを落としてMサイズの15万円の価格を選択

といった感じがお勧めです。


周知の通り、ダイヤモンドは、サイズが大きくなるほど値段の差が顕著になり、

当然肉眼でも輝き方、美しい光りの差が明確にわかりやすくなるというのが特徴です。




もちろん冒頭の画像のSサイズのクロスを、

短めのチェーンと組み合わせて、

お洒落に着けて頂いている男性のお客様もいらっしゃいます。


最近は、一昔前のように、太いチェーンに大きなペンダントという組み合わせより、

男性でも、細めのチェーンに小さめのペンダントをさり気なく着けるというのが

流行りのようです。でも、個人的には相変わらず、チェーンはボリュームのあるもの、

ペンダントも縦横サイズを大きくするというより、マッシブ(ボリューム感)を優先するのが

好みだったりします。もちろん、限度はありますが・・・



また、店頭商品の例では、同様のスタイルで当工房の設定の3倍4倍といった

価格帯で販売されているとお客様から伺っています。


仮に、LLサイズ(クロスサイズ縦横18×14ミリ)で、

6石ダイヤの合計カラット数が1.5カラット、

6石全てに鑑定が付いたダイヤを飾った仕様だったとしても、

算数のかけ算足し算ができる人なら

瞬間的に理解できること・・・



どんなにひっくり返っても、100万円を超えることはあり得ません。


クロス本体が5万円、ダイヤ一粒が10万円なら、

5+10×6=65  

仮に工賃手間代を10万円頂戴したとしても75万円、

消費税を含めると81万円といった合計金額になります。


LLサイズ、6石合計のダイヤモンドのカラット数が1,5カラットの場合、

ダイヤモンド一粒は約0,25カラット、

グレード上位のDカラーVVS1 3EXHCの石を

6石全て揃えたとしても(全てに鑑定カードが付属)、1石あたりの値段が

10万円を超える事はありません。 


前述の計算通りの内容ですと、どれほど高級ブランドの商品と比べようが、

見映えは面白いことに、こちらの仕様の方が間違いなく上になると想像します。


要するに、そこそこ目立つボリューム感のキラッキラなクロスペンダントが、

店舗小売商品、高級ブランド商品の半分・1/3程度の値段で、

作ることが出来てしまうという算段です。



もう既にご存知の方が多いと思いますが、

特に”ダイヤモンド”が飾られたジュエリーだと、

品物の内容や物質的な価値よりも、パッケージとか店舗のロケーションとか、

販売のスタイルで”雲泥の差”があります。


石なしのジュエリーに後からダイヤモンドを飾る

いわゆる”カスタム”が一般的に普及したのも、

ダイヤが飾られると、”値段が破格に変わるのが解せないユーザー様”が

増えた証拠だと感じます。資力のある方、稼いでいる方ほど実は賢いというのが

当然かも知れません。買えるけど”無駄”と感じられる人が多いのもかも知れません。



当工房のお値段の設定は、何度もご案内させて頂いているように、

基本的に材料代と工賃・手間代の合算です。




例えば、料理を作るにも、食材代とその環境と人の手間代が掛かるように、

同じ料理を自宅で作って食べることと、

レストランに行って注文して食べることの違い  

と表現すれば分かりやすいでしょうか。



レストランに行って食べる魅力は、まずは精通した料理人に作ってもらい

お給仕など”おもてなし”を受けることですね。


お店全体の雰囲気も大事だったりします。



対照的に、自宅で作って食べるのは、好みの味にできること、

気を使わず、好きに食べられることでしょうか。良い食材を買ったとしても

お店で食べるよりも断然安くできます。


当工房でのジュエリーのご購入は、自宅で作って食事する感覚に

近いものです。料理の腕は今ひとつですが、素材は一流です。


残念なことにどんなに高級料理店だったとしても、食事はお腹に消えて、

思い出だけが残るだけですが、ジュエリーは買ってから、

身に着けて、ますます心がくすぐられて、豊かな気持ちが持続します。

また、日々着けて大事に使えば、一生残るものだったり、

大事な人へ受け継ぐ事さえ可能な品です。


画像




いつも感じることは、面白いことに、様々な商品のそれぞれの値段の差は、

材料や材質の差が大きいというものが大半なのに、

ジュエリーの場合は材料は一緒でも、名前のイメージとか売っている場所で

大きく変わるのが特徴です。


クォリティー・素材の中身がまったく同じだったとしてもです。


ダイヤモンドには、ブランドという価値観はほとんどありません。

鑑定評価によって、世界共通の相場商材です。


貴金属の金やプラチナも世界共通の相場価値の金属材料です。



当工房では、一流の高級ブランドと大して変わらない上質な

ダイヤモンドを日常的に取り扱っていますし、

貴金属の素材自体は、18金(750gold)は同じ18金だし、

プラチナも、どこのメーカーもほとんど変わらない、

現在の相場で1グラムあたり4,000円位の高価な金属を材料にしています。



なので、10グラムのリングを作る場合は、

材料代として概ね4万円が基本的に掛かるというものです。

ジュエリーが基本的に高価な理由は、

単純にその材料費が根本にあります。



また、一般的なジュエリー商品の価格の差・価値観の違いは、

本来は技巧・細工の美しさ等、

美術品・工芸品に近い評価が介在するのが妥当と考えます。


でも、最近の高級ブランドのジュエリーは一部の超富裕層向けの

オーダーメイドジュエリーを除いては、

機械で精密・緻密・均一に作られている”量産もの”がほとんどで、

例えば、血が通った美術家・画家・彫刻家の手で表現されたものと

同じ土俵で評価するのには、少々矛盾が出てくるようになったと感じます。


そう、”ハンドメイド”の価値は失われつつあります。



それよりも、高価な貴金属地金をリサイクルして自在に操り、

プレス機やCNC切削など精密で高性能な機械が並んだ

大規模な生産工場を持つ、大資本のメーカーの”技術力”に

評価の差が生まれるようになったと個人的には感じます。


それは、自動車の”F1”と、一般大衆車の”軽自動車”の差といったところでしょうか・・・


自動車の場合は、価格帯によって使われる素材すら違うので、

質感自体も差に現れますが、走る性能の差が歴然と大きく感じられるものです。



ところが、ジュエリーの世界はどうでしょうか?



人の体には動きがあって、個人個人異なる、

不正確な形の人の指や腕、首を飾るものが

機械で寸分狂わず正確に作られようが、それよりは多少歪んでいたとしても、

手で作ったものでも、その差を感じることはほとんどないと思います。


飾られたダイヤモンドが同じトップクラスの品質なら、

見た目の美しさの差はまったく変わらないものだと思います。


そのほとんど変わらないことに、

3倍4倍の出資ができるという富裕な方々は除いて、

バカバカしいと感じる人が多くなったから、ジュエリーの価値の信頼性は

地に落ちたと想像します。





たまに、一流店に、自分で作ったクォリティーの高いダイヤモンドのペンダントを着けて

ウィンドショッピングに行くと、

店員さんの目は、僕の胸元に目線が釘付けだったりします。


続いて、必ず   「どこのですか?」  と尋ねられます・・・



無論、話が面倒になるので、「オーダー品です」と 無難に返します・・・


その後、頼んでもないのに、なにやら凄い商品を

ずらりと目の前に並べられて・・・



(いやいや、買えないから・・・だし、買わないから・・・)と、内心思っても、

見知らぬお客さんは、まずは見た目で判断するしか術が無いですから、

買えそうに見えるカスタマーには、おもてなしもそれなりで・・・


こちらとしても、一流のメーカー商品をじっくりと観察したい気持ちもあって、

しっかり凝視したり、手に取って指紋べたべた付けてしまったり・・・



そう、一流の芸術家は”真似する”・・・そうですが、

偉大な芸術家は”盗む” だそうです・・・


そうした機会に感謝して、一目(いちもく)ではなく、百目退散です。



価値観は、人それぞれ、一流店で高価なジュエリーを余裕で購入できる人は

ほんの一握り。


でも、同じようなスペックのダイヤモンドジュエリーが、もしも自分の手で作れたら、

ほんと、材料代だけで済んでしまうんですね。




しかも、その材料代は、うまくすれば支出の80%位、

いつでも換金できてしまうという、

本来のジュエリーのあるべき姿の価値(換金)能力を持っています。



そういったものを、作れる人が親しい人にお渡しするとしたら、

いくばくかの作り賃(工賃)と

材料調達の手間代を加算するのが妥当なお給金だと感じて、

活動しています。



その活動の一番の目的は、自分の特技を活かして、人様を満足させたい、

幸せな気持ち、豊かな気持ちになってもらいたい、

大げさに表現すれば、そんな”志”からでしょうか。



もちろん、慈善事業ではありませんので、

綺麗ごとばかりではなく、当然ながら

食べるため、家族を養うために、商売をさせて頂いています。


画像





幸か不幸か、実は僕の左腕は、交通事故の後遺障害が今も残っていますが、

逆にそれが反骨精神となり、100%使えない片腕だったとしても、

難しい細工に挑戦する気持ちが強くなって、活かされてきたと実感しています。


それよりも、なによりも、自分の手の中で作ったジュエリーを喜んで

着けてくれる人が少なからず居ることに喜びを感じる日々です。



何だか、またまた”どうでもいい話”が長くなってしまいましたが、

この辺でまとめさせて頂きます。




今回ご紹介の6石クロスペンダント、

工房に各サイズのサンプル品をご用意させて頂いています。


当工房はちっぽけで汚い作業場ですが、その分、気取る必要もない自然体で

実際に見て手にとって、身に着けて、ご自身に合うサイズ感や素材など、

お好みの仕様でご注文頂けます。(納期は概ね1週間)


ご来訪など、ご不明な点がありましたら、どうぞお気軽にお電話にて

お問合せください


_____________________________________

★工房アイボリータワー★ (1人メーカー) 
03−3831−7805 
☆営業時間12:00〜21:00
☆ 日・祭日休業

☆お問合せ/ご注文は全てお電話にて承ります
工房内にてサンプルをご覧頂きながら
ご予算に応じてお好みの仕様にて製作させて頂きます。 
〒110-0016
東京都台東区台東4-5-3←MAP click


Instagram◆instagram 
◆information ←click!当工房のご案内
◆HP/http://www12.plala.or.jp/ivory_tower/
____________________________________________________________

◆工房オリジナルジュエリーの受注/販売
■婚約・結婚指輪の受注製作/販売
■お持ち込み品への各種加工(石入れ加工等)
■ハイグレードなダイヤモンド他各種石の取扱い
高品質/短納期/価値あるジュエリーをご案内させて頂きます。
◆前金制/お支払い(ご精算)は現金/銀行振込
◆ご注文お取引の特約要項(←ご注文の際は必ずお読みください) 
◆常時オープンしている店舗ではありません。(汚い狭い製作所
◆ご来訪の際は当日で構いません。お手数ですが
事前にお出掛け前にご連絡をお願いします(不在時多々有り)。

















デボラのテーマ 映画”ワンスアポンアタイムインアメリカ”

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6ダイヤモンドクロス☆ペンダント アイボリータワー☆ ←click/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる