アイボリータワー☆ ←click

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイヤ入れ/フレッド フォース10 ★エイトディグリーゼロ

<<   作成日時 : 2017/12/09 13:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像





画像



今回は、フレッド社製のブレスレットバックルへの

ダイヤモンド石入れ加工のご案内です。


以前に掲載させて頂いた記事と同じ内容ですので、

ご興味の無い方はスルーでお願いします。


ブログでのご紹介は、どうしても古い記事が潜ってしまうので、

致し方ないところですが、ちょうど最近インスタグラムの方でもご依頼頂いたばかりの

加工例を掲載したばかりで、今日も先ほどお電話でお問い合わせを頂いたので、

あらためて掲載させて頂きました。


キラキラさせたいんですが・・・・

申し訳ない!! 純正のダイヤモンド入りを購入されるのが無難です。


古い記事にも書きましたが、”大人の遊び”と共感出来る方に

おすすめしているカスタマイズなので、

純正品に叶うものはありませんし、

以前、どうしようか迷われて、結局フレッドの売り場からお電話頂いて、

「今、純正のダイヤ入り買いました。」といった人も居たぐらいですから、

選択はそれぞれの価値観、考え方にお任せします。



当工房、最初のダイヤ入れのご依頼は2010年、

http://ivorytower.at.webry.info/201010/article_29.html

ジュエリーがお好きなお客様から、ちょっとした遊びで加工のご依頼を

頂いたのきっかけです。


おそらく、その当時は今ほど石入れのカスタム屋さんというのも

少なかったと思いますが、それが今では”カスタム””ダイヤカスタム””アフターダイヤ”

などの文字がネット上に多々踊るような印象です。


また、当工房、ここ2年間ほどは、この仕事をはじめた頃の想いと同じに、

お客様からの願いや、自分が考えたデザインやアイデアを盛り込んだ

”オリジナルジュエリー”の製作販売を中心に活動させて頂いていまして、

そんな中で、カルティエやフレッドといった王道のジュエラーの

お品物にダイヤを追加するお仕事もさせて頂いています。


要するに、お客様からのご要望が無い限りは、

特に強くダイヤ入れを奨励しているわけではなく、

20万円そこそこするブレスレットに1カラットのメレーが入ると

80万円位アップして100万円近いお値段になる話を

受け入れ難いといった方にご依頼頂いているといったところが

本音でしょうか。みなさんが口にするのは 「買えるけど・・・てんてんてん??だよね」

といったところでしょうか。



ちなみに、ダイヤモンドの本拠地というか、都市はベルギーのアントワープ、

高級ブランドジュエリー/ウォッチ向けのダイヤモンドメレー(小さい粒)の

最高峰は、現地価格で1カラット16,000USドル、国内に輸入して20万円弱、

せっかく高級ジュエラーの一角を担うメーカー製のお品物で、

石なしのブレスレットが比較的安価な設定なのに、

ダイヤモンドが入ると、異様に高額になるのはどうしても解せないのが

正直な印象です。それは、この一例に限らず、他のメーカーも同様の

設定をしているから、石無しのモデルを購入して、あとからダイヤを入れるという

需要も多くなってしまうように思います。


ということで、当工房もお客様からのご要望で、様々なメーカー・お品物に

石入れを施しているというわけです。


と、ここまでが、石入れ加工とか、アフターとか、アフターダイヤの

需要が増える要因の考察です。


そして、ここからが、実作業に際しての説明です。








完成度の高い機械加工された高級ブランド品を対象にした

”カスタマイズ”は、他者がハンドメイドで手を加えますので、

何かと支障が出るリスクが高く、また、せっかくメーカー(ブランド)側で

ある一定期間保証を付けているにも関わらず、

一旦、こうした他者の加工を行ってしまいますと、

その保証が一切受けられなくなる状態にもなってしまいます。



加工の詳しい内容などご案内させて頂いていますので、

ご興味ある方は、今一度、↓リンク先のこれまでの加工例も併せて、

そうしたリスクをご考慮の上、ダイヤ入れ加工をご検討下さい。



◆フレッド”フォース10”加工例

http://ivorytower.at.webry.info/201403/article_4.html

http://ivorytower.at.webry.info/201401/article_12.html

http://ivorytower.at.webry.info/201310/article_7.html

http://ivorytower.at.webry.info/201310/article_7.html

http://ivorytower.at.webry.info/201212/article_6.html

http://ivorytower.at.webry.info/201207/article_1.html

http://ivorytower.at.webry.info/201206/article_12.html

http://ivorytower.at.webry.info/201205/article_15.html

http://ivorytower.at.webry.info/201205/article_16.html

http://ivorytower.at.webry.info/201204/article_8.html

http://ivorytower.at.webry.info/201010/article_29.html

http://ivorytower.at.webry.info/201011/article_6.html

http://ivorytower.at.webry.info/201102/article_23.html

http://ivorytower.at.webry.info/201112/article_22.html



#お持ち込み品への石入れ加工例 #フレッド #フォース10 #ブレスレット #バックル #ダイヤモンド ☆お一人のジュエリー好きなお客様のちょっとした遊び心から生まれた後入れの加工☺今や全国的に広まった感がありますが、石なしのバックルは部分的に0.7o以下の板状のお品物ですので、その薄い部分に穴を開けて石を固定する加工はひじょうにリスキーです⚠一方ダイヤモンドは上質になるほど見た目も美しく綺麗なのはもちろん、石が薄く形も綺麗に整っています☺ そこでリスクを回避して良い細工を施すために、石のサイズ(厚さ)を出来るだけ小さくして、最上級のダイヤモンドのみを使用することにしました👍✨ ☆ダイヤ入れの費用は16万円にて承っています☺(懇意にお付き合い頂いているお客様にはお値引き致します🙇) ☆安いには必ず裏があります ☆食でも交通でもトラブルが起きるのは大抵⚠低い額を選択したことかも知れません(>_<) ☆少し無理してでも高い方を選んだ方が結局は満足度が高いのは定石❇ #アイボリータワー #東京 @ivorytower.jewelry

工房アイボリータワー☆上野御徒町☆さん(@ivorytower.jewelry)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2017-12-03T04:26:35+00:00">2017 12月 2 8:26午後 PST</time>





■エイトディグリーゼロへの石入れ加工は、⬇下記リンク先に

詳しい内容を掲載させて頂いています。


http://ivorytower.at.webry.info/201610/article_1.html



加工についてのお問い合わせ、ご注文の際は

お電話にて承ります。(メールやコメント欄等からのご質問には対応致しません。)



■工房アイボリータワー ブログトップページ

http://ivorytower.at.webry.info/   (↓にスクロールしてPC版に切り替えてご覧ください)



■インスタグラム  リアルタイム/リアルライフ

https://www.instagram.com/IVORYTOWER.JEWELRY/

__________________________________



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダイヤ入れ/フレッド フォース10 ★エイトディグリーゼロ アイボリータワー☆ ←click/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる