アイボリータワー☆ ←click

アクセスカウンタ

zoom RSS 一粒石ダイヤモンドペンダント

<<   作成日時 : 2017/08/20 03:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像




女性の方に一番人気のペンダントは?

と聞かれたら、真っ先に思い浮かぶのが、

↑このダイヤモンドを一粒飾ったペンダントです。



男性のお客様が多い当工房でも、プレゼントに迷ったら、

この定番中の定番、ダイヤモンド一粒ペンダントを

おすすめしています。



つい先日も、別のご注文でいらした女性の方から、

普段着けできるサイズの一粒石ペンダント(サンプルの完成品)をお見せしたところ、

実際に試着されて、”一目”で気に入って頂いて、そのまま着けて帰られたほどです。



ひとつは持っていたい・・・いや、何個でも欲しい・・・・♪


そんな印象のペンダントだと、あらためて実感しました。


着けているのを目の前に、対座していた僕自身も、

なんだろう!?・・・ダイヤのサイズ感なのか、

ネックレスチェーンに下がったトップの位置なのか、

こちらの女性の方に、ほんとによくマッチして、ぴったりのお品物だったので、

おすすめして良かったなぁと思いました。



また、こうして、ルンルン気分でお帰りになる場面に遭遇する度に、

生活にはまったく必要ないダイヤモンドジュエリーですが、

ファッションのスパイス的な役割と、身に着けているという所有感、

そして、なんといっても、ダイヤモンドという宝石の放つ輝きの魅力が、

遠い昔から、愛され続けているる大切なアイテムなんだなと感じます。



というわけで、こちらのダイヤモンドペンダントのご注文は、

今回のように、たまたま工房にいらっしゃって、

気に入った一点をそのままお買い上げ

(サンプル品は、ほとんど無いに等しいです)

頂く場合も稀にありますが、ほとんどは、ご予算と仕様内容のご希望を

伺った上で、ご要望に合わせてお品物をご用意する形を取らせていただいています。





受注製作に際しては、

まずご予算がダイヤモンドの大きさや質の決め手になります



そして、地金の種類。

18金製には、イエローゴールドをはじめ、ピンクゴールド、ホワイトゴールドの

3種類をお選び頂けます。


それから、プラチナ製と、計4種類の地金素材の中から、選んで頂き、

続いて、ダイヤモンドの大きさ(直径サイズ/概ねカラット数に比例します)、

そして、グレードと続きますが、

一番難解なのが、この石質・・・・いわゆる”グレード”というやつです。




今までたくさんのダイヤモンドを拡大して見ながら作業した経験から、

正直申しまして、ある程度良ければ、見映え的には大きな差は少なく、

こちらの決め手は、お客様の”心の満足度”といったところです。





一番質の高いものを選んでも、ある程度、”そこそこ良いもの”を選んでも、

見映えに大きな変わりは、それほどありません・・・

というか、多分分かりません。(無責任な・・・




これは、例えば、焼肉屋さんの最高級のお肉を食べても、

そこそこのお肉でも、お腹が空いていれば、

十分美味しく感じるのと、似ている感覚でしょうか?



特上、上、中、並とあった場合、並と特上を比べたら、その差がかなりの確率で

分かりますが、特上と上を比べた場合、おそらく専門的な人でないと、

シャッフル(混ぜたら)されたら、多分見分けがつかない感じだと思います。




ちょっと意地悪に見ると、大抵の”商売”の場合、ウンチクとか、こだわりが強めだと、

おそらく、どの分野でも値段は高くなる傾向なような気がしませんか?!


あまり、頭でっかちになって、一緒に”こだわり”を追求してしまうと、

当然、支払う代償というのも、比例するような感じでしょうか。

お金に余裕がある方は、こちらの方が満足度は高いかもしれませんが・・・・





当工房の場合は、予算に余裕があれば”最高峰”を、

決まったご予算、お客様にとってご都合の良い予算を無理せずに

ご相談頂いて、現金精算(ご遠方の場合お振込)の条件だけ

ご承諾頂いたお客様にだけ、”破格な適正価格”にて、

良質なダイヤモンドをご用意させて頂くという形を取っています。




要するに、”やせ我慢して”利益は少なく頂いて、できるだけ質の高い

ダイヤモンドを販売しています。これは、やっぱり、お客様に

「あいつの所で買って良かった」と思われたいし、

満足した顔が見たいというのが、本音でしょうか




例えば、5万円と言われたら、3,5ミリ直径の1/6カラット(0,16前後)の

ダイヤモンドで、トリプルエクセレントをお勧めします。(最高峰ではないですが・・・)


10万円と言われたら、0,3カラット台の同様に”トリプルエクセレント”を

お勧めしています。


同じ10万円でも、質にこだわりなく、できるだけ大きなダイヤモンドが良い

と言われたら、0,4カラット台で直径の大きめ(5ミリ前後)のダイヤモンドを

お勧めします。




もちろん、この話は、ネックレスチェーン(女性向けの細みのチェーン40cm)と、

ダイヤモンドを飾る石枠(6本爪や4本爪など)もセットでの価格帯での話しです。



また、お客様によっては、条件が良くなれば多少予算がアップしても良い場合と、

意外と大きな影響の消費税を含んだご予算という場合などもありますので、

細かくご要望を伺った上で、最短3日程度でお品物を毎回ご用意しています。




まぁ、”とどのつまり”・・・”旨い早い安い”という相反する条件で、

良品をご用意できれば、お客様の満足度というのは、”最高峰”というのが

鉄則だと心得ています。



話は変わって、

ジュエリーの業界の反映は、

今からうん十年前、バブルの時代に終わった感が否めません。

その時代まで、本来なんの価値のないものを

あたかも価値が高いと謳って、バブル(泡)のように信頼感が消えてしまったと

自身では理解しています。



その時代がピークで、実は、今でもそうした感覚は脈々と続いている

印象を持っています。




似たような業界でも、ファッションアパレル(服飾)の業界は、

過去に反省し、

今ではユニ◯ロとか、H&◯とか、Z◯RAに代表されるように、

適価なファストファッションが主流になり、業績を伸ばし繁栄している印象です。



でも、ジュエリー業界自体は、過去を顧みずに、まだまだ

実際の物質的な価値からかけ離れ、高めの値段設定がなされているような

印象を持っています。



もちろん、極端な”安売り”はデフレを招き、物価に半比例して収入減を招き、

自分で自分の首を絞める結果になることが懸念されますが、

それは、一般消費材の話であって、

生活必須なものとは無縁の”ジュエリー”は、本来はきちんと値段に対しての

対価価値が品物に十分備わってなければ、”お宝”として所有する意味が

まったくありません。





当工房で設定している適性価格でも、工賃とか手間代という

”必要利益”は十分頂戴しているのが実情ですから、

無理して安売りしている感覚はなく、

ありがたいことに、周りの値段が高過ぎるから、

うちのような”吹けば飛ぶような”たった一人の個人工房の存在が、

ジュエリー好きな方々にご信頼を寄せて頂けるのだと思っています。



また、自分自身も付加価値満点の”ブランドもの”は大好きです。

中でも歴史あるブランド、メンズジュエリーを”ファッション”として

定着させてくれたブランドは、今や”リセール品”としても、人気を支えにして

高い相場観を保っていることも魅力だと感じます。


一方そうした ハイブランドジュエリーの本筋の魅力は、

なんといってもパッと見てすぐに分かるデザイン性、

そして理想的な造形美に基づく芸術性が魅力だと感じます。



こうした”高度な美的センス”が備わったお品物には、たとえ高額でも手に入れたくなる

衝動に駆られます。



でも、今回ご紹介している一粒石ダイヤモンドのペンダントは、

”デザインレス”なアイテムですから、

ここにそのデザイン性とか、芸術性による付加価値というのは

そもそも存在しないと思います。



在るのは、ダイヤモンドの魅力です。


そのダイヤモンドには、実は金やプラチナのように、質と重さ(カラット)に

応じた世界的な相場が存在します。


その相場観は、質ごとにも細かく分かれていますから、

いわゆるダイヤの成績表みたいな”4C”と呼ばれる基準で、

何カラットで色とか透明度、研磨状態やプロポーション(形状)なら、

大体いくらいくら(毎週ドル建てで値段が発表されています)と決まった値段で

取引されています。



ですので、もしも購入するなら、そうした4Cに応じた値段設定をしているか、

それとも、ただダイヤモンドを飾った商品として販売されているだけかを

見極めてお買い物されるのが、賢い買い方だと思います。



長くなりましたが、当工房でも例外なく人気の定番商品ですから、

このブログにも、過去販売させて頂いた記事をまとめてありますので、

ご興味をお持ち頂いた方は、是非そちらものぞいてみてください。



■一粒ダイヤモンドペンダント関連記事

http://ivorytower.at.webry.info/theme/25c3046a50.html

http://ivorytower.at.webry.info/theme/218f2e87a8.html

http://ivorytower.at.webry.info/theme/df194cf9f5.html



また、インスタグラムの方にも、サイズ感の目安を掲載していますので、

お買い物のご参考になればと思います。


https://www.instagram.com/p/BX-vGRPjyN_/?taken-by=ivorytower.jewelry



ブログ内で、気になったもの、お問い合わせやご注文の際は、

すべてお電話にて対応させて頂いています。


ご面倒でも、お電話にて、お気軽にお問い合わせください。


↓こうした、小さなダイヤモンドを飾った、かわいらしいデザインの

ペンダントも作っております。

画像



_________________________________




◆ブログトップページ・・・一番下にスクロールして、PC版に切り替えてご覧願います。
http://ivorytower.at.webry.info/




■インスタグラム  リアルタイム/リアルライフ

ほぼ毎日更新 !! 

https://www.instagram.com/IVORYTOWER.JEWELRY/




◆工房ホームページ
http://www12.plala.or.jp/ivory_tower/



◆◆◆ 

  工房の営業時間 月曜日〜土曜日 12:00〜21:00
日曜・祝日 お休み   

店舗ではなく小さな個人規模の加工所です。
ですが、ブログ掲載のこれまでの作例加工例をご覧頂ければ、
当工房の仕事の内容がご理解頂けると思っております。



個人工房のため、営業時間内でも不在時多々あります。
直前・直近からのご来訪には対応できない場合もありますので、
必ず、事前にご連絡をお願いします。
天気の良い日は不在がちです。
費用や納期に関するお問合せは、
すべてお電話のみの対応とさせて頂きます。
営業時間外や休業日のお問い合わせのお電話はどうかご遠慮願います。


新規の方からの新品磨き・傷取り・メッキ加工のみ、特に他社製品のメンテナンスや

修理等は、現状受け付けていません。というか、時間が取れなくてごめんなさい。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一粒石ダイヤモンドペンダント アイボリータワー☆ ←click/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる