アイボリータワー☆ ←click

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏休みの自由研究♪

<<   作成日時 : 2017/08/31 03:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像




小学5年の長男君の夏休みの宿題・・・

”自由研究”の課題に指輪とペンダントが作りたい・・・

と言い出して、当初は難しいから、他の題材を探したらと提案してたのですが、

案外本気でやる気になっていたので、

それならば!・・・ということで、

手ほどきしながら、本人の作りたいというものを”形にする作業”を

手伝うことに。




ところで、”彫金”というと、一般的には指輪とかネックレスなんかを作ることを

指しますが、実は彫金というのは、字の通り、金属を彫る方の専門の作業のことで、

作る中での一部の細工のことを”彫金”と言います。


職人目線からしたら、間違った言葉の使われ方が

広まったという認識でしょうが、

まぁ、広まってしまったのだから仕方ない。


閉鎖的な考え方をするよりも、”装身具全般”が世の中にもっともっと広まった方が、

もはや絶滅気味のジュエリー職人が増えることにもつながるので、

”彫金”という言葉をどう捉えようが、一般的になる方がよっぽど良いような

気がします。



と、初っ端から話が”脱線”・・・・?



で、実作業の方は、まずはどんな形のものを作りたいか?

なんですが、


チビっ子曰く、”シンプルな指輪”とママたちがよく着けてる"星のペンダント"が

作りたいんだそうで・・・



まずは、指輪の方を作り始めます。


難しいことは省いて、指輪のベースになる銀の板を

↑冒頭の画像のように、形を整えた銀板をバーナーで熱して、

水で急冷して、やわらかくなった状態にしてから、

金づちで叩いて、”槌目”の模様を付けて、

指輪状に丸めて、溶接してくっつければシルバー製の

”槌目リング”の完成です。






画像



もちろん、最初からかんたんに作れるわけではないので、

大まかな作り方を理解してもらうのが目的で、

父親の仕事がどういったものなのか、なんとなく分かってもらえたら、

こうした作業は”し甲斐がある”と感じました。



画像



また、この”製作仕事”というのは、”料理”することとひじょうに似ていると

思います。


切ったり削ったり熱したり洗ったり飾り付けたりと、

それぞれの過程に慣れとかコツも必要ですし、特に熱を入れる場面では、

タイミングというのも肝心なことだったりと、

作業動作自体もよく似ていますが、

人に喜んでもらうとか、満足してもらえるように、

一生懸命考えたり工夫しながら施すことが大事なことだと

常々思います。


もちろん、料理することが好きで好きでたまらないという人がいるように、

指輪やペンダントを作る作業も、”好き”というのが大事なモチベーションのひとつ

かも知れません。



画像



また、料理にしても最初から上手に作れるわけではなく、

徐々にいろいろなことを覚えたり、手が慣れたりして、

うまくなっていくように、

製作作業も、はじめからいきなり作れるわけではないので、

今回はほんの入り口部分だけ、なるべく手を貸さないように、

無理そうな部分は手伝って、形に仕上げました。



画像



比較的簡単に出来て、そこそこ見栄えがするもの・・・といった

プロと素人の差が出にくい題材と工程を選んだので、

出来上がりはそこそこで、磨き始めてつやが出てきたら、

うわ〜!と感動してたので、満足げな顔をしてたのが印象的でした。





画像



料理で例えれば、”麦とろご飯と極上マグロのお刺身”みたいな感じでしょうか。


素材の良さと、だし汁、熱を加えるのは、炊飯器次第で

味が決まるみたいな・・・

(大和芋や自然薯や鮮魚がだめな人にはこの料理はNGですが・・・・



特に槌目のリングの方は、工程は簡単だけど、深い・・・渋い・・・みたいな

和の印象の”細工もの”でした。


画像



星のペンダントの方は、銀板に直接”☆”を描いて、

それをなぞるようにカットして、削ったり磨いたりして形を整えて、

真ん中にダイヤを入れたいというので、

石が飾れるように、丸い板を溶接して貼り付けて、そこに穴を開けて

固定できるように進めて、チェーンを通す楕円形のリングの取り付けや、

肝心の石の固定は、かなり難しいので、手取り足取りでしたが、

概ね本人の手で作業させて、どうにかこちらも

まともに見えるペンダントトップが完成しました。



↓指輪は人差し指に着けられるように、サイズを合わせて

無事完成!!

画像




↓実際に着けて、本人ご満悦な様子

画像




↓槌目リングと星のペンダント(シルバー製/石は本人いわくダイヤのつもりですが、

本当はキュービックジルコニアです。

画像



作業は、無事に終了。

作った感想は、「難しかったけど、楽しかった

「パパが毎日、どんなことをしてるかが分かったよ!」とのことでした。




その後は、自由研究の課題ですから、作業の終わりが完了ではなく、

工程順に写真を貼り付けたレポートを書くのに、指輪とペンダントが完成した日から

4−5日掛かって、ようやく自由研究のレポート(小冊子)が出来上がりました。





そう、パパのこのブログも、作る作業をしながら、工程や完成品の写真も撮り、

さらにブログ用にPCで画像編集して、ようやく文章を書き始めるみたいな

過程ですから、今回の自由研究と似ています。作るのは楽しいけど、

その後が大変です。


なので、一旦”サボり癖”がついてしまうと

なかなか数日復活できずで・・・・(言い訳



特に今月8月はみなさんと同様、お盆休みもあり、出掛ける機会も多くて、

それでも年初からしたら、結構掲載日は多かったと思いますが、

数年前と比べると、明らかにサボってます。



もちろん、ご紹介したい作品/作例/加工例は、それこそ山ほどあるのですが、

なかなか、ブログやインスタグラムだと、本当の質感とかサイズ感、

全体の雰囲気・立体感までは到底表現できずですから、

やはり、ご面倒でもご興味のあるものがありましたら、

お気軽に足を運んで現品を見て頂ければ有り難いです。



いつものごとく、当工房、ただのちっぽけな個人の作業場ですが、

作っているものは、自分で言うのもおこがましいですが、

ひじょうに良質なものばかりです。先ほど例えにあげたマグロのお刺身などは、

調理というよりも、素材が美味しさの大部分を占めるように、

ダイヤモンドジュエリーもまた、質こそが魅力の一番を左右すると

常々思います。


そして、”良質なもの”というのは、

価値に見合った内容かどうかということです。

いくら、素材が良いからと言ってこれまた法外な値段だと、

信頼を失うのは当然だと考えます。


ジュエリーの世界、冷めた捉え方をすると、100万円で買っても、

売るとき20万円もしないというのが”ざら”だと想像します。

もちろん、そうしないと経営存続が困難な面もあるのかも知れません。



そのまた一方では、

綺麗な店舗で、効果的な照明でキラキラ輝いて見えるジュエリーを、

美しいお姉さんに声を掛けられて、

なんだか分からないまま、気取って想定外のお買い物をするというのも、

ある種の魅惑な体験なのかも知れません。


でも、リアルにジュエリーの製作場所で、本来の価値に沿ったお品物を

自分流にアレンジして、製作できるというのは、一般的な店舗販売と異なり、

ジュエリーがお好きな方、興味のある方にとっては、少々大げさですが、

それこそ”天国”みたいな場所だと感じて頂いているのかも知れません。


僕自身は、作るのも当然好きですが、着けて出掛けるのも

また好きだったりします。


当工房でご購入頂いているジュエリーの大半は、

もちろん、そこそこの高額帯の作例が多いですが、

それどこに着けて行くの?っていうほどの”ハイジュエリー”と呼ばれる、

宝石がうん千万円といったレベルの商品の話ではなく、

まずまず値段はするけど、見栄えも良好で、十分普段着けできる、

日常的な贅沢感を楽しめるレベルのジュエリーを作ってご案内しています。


そして、どうせ作るなら、良い素材、特にダイヤモンドに関しては、

上質なものを使いますので、工房をご利用のお客様がたには、

完成して直ぐではなく、着けているうちに、何かの場面で

美しいダイヤモンドの魅力に気付いて頂けるだろうと思って、

良質なものを飾らせて頂いています。



というわけで、また”どうでも話”に脱線気味なので、

今回のタイトル”夏休み自由研究”の話題は、これぐらいにして、

また、次回から平常通り、製作例や加工例のご紹介をさせて頂きたいと思います。




____________________________________________________


◆ブログトップページ
http://ivorytower.at.webry.info/
◆工房アイボリータワー ホームページ
http://www12.plala.or.jp/ivory_tower/



 ◆◆◆ 工房の営業時間 月曜日〜土曜日 12:00〜21:00
日曜・祝日 お休み  




個人工房のため、営業時間内でも不在時多々あります。
直前・直近からのご来訪には対応できない場合もありますので、
必ず、事前にご連絡をお願いします。
費用や納期に関するお問合せは、
すべてお電話のみの対応とさせて頂きます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏休みの自由研究♪ アイボリータワー☆ ←click/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる