アイボリータワー☆ ←click

アクセスカウンタ

zoom RSS 似て同じもの

<<   作成日時 : 2017/07/30 23:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像




今年も、明日から夏本番の8月に突入です。



おかげさまで、この7月も例年通り、数々のご注文を頂戴して、

ほんとにありがたく感謝感謝の日々でした。


夏というと、洋服にお金がかからない分、ジュエリーに関心を寄せる方が

多いのでしょうか、それとも、肌の露出が多くなる分、

ジュエリーの出番といった感じなのでしょうか?



ともかく、ご興味を持っていただけるのが、製作者として、なによりも

嬉しいです。


画像





さて、前回の”似て非なるもの”の表題と真逆に、今回は

”似て同じもの”というタイトルで、みなさんの関心を引こうという魂胆です。



これまでも、ダイヤモンドには、ブランドはありませんよ・・・と、多々発してきましたが、

その通り、ブランドでも、個人作家のものでも、ダイヤモンド自体、物質的な

違いはまったくありません。


また、18金(750GOLD/ヨーロッパ表記)も、プラチナという貴金属も、

1グラム4000円弱のジュエリーを作る素材に変わりはありません。



高級ブランドのお品物をはじめ、海外・国内のジュエリーメーカーの

18金もプラチナも、物質的にはみな同じものです。(メーカーごとに純金や

純プラチナ以外の割金は異なります・・・純度の高いままでは

やわらか過ぎて、ジュエリー製品の材料としては使いものにならないので、

別の金属を混ぜて硬さのある”合金”にしている=18金は純金が75%、

プラチナ900は純プラチナが90%、他25%/10%は、

銀や銅をはじめ、パラジウム・ルテニウムなどが混ざっています。)



10グラムの18金やプラチナ900は、おおよそ4万円(最近の相場で)、

その貴金属材料を使って、様々なデザインやアイテム(リングとかペンダント)に

変身させる技術が、工賃だったりデザイン代だったりします。




現実的には、例えば某ブランドのお品物だと、その10グラムの素材に

1カラット程度の細かい粒のダイヤモンド・・・こちらも材料としては、

輸入前の相場で最高品質の小さな粒ダイヤ(メレーダイヤ)1カラットでおおよそ

20万円前後、素材の価値としては4万円+20万円=24万円ですが、

それが100万円とかで売られています。




また、メンズのリングで、ひじょうに重たい40グラム前後のお品物、

物質的な価値としては、16万円のものが、やはり100万円を超えた

お値段で売られていたりします。



画像







その理由としては、やはり”ブランド”としての付加価値や、

デザイン性、ステイタス性というのが、大きく加味されているということだと

思います。



例えば、ピカソが描いた紙にインクのデッサンなら、

それが落書きみたいな絵で、100万円だったとしてもおかしくないといった、

芸術性に対しての”価値観”に近いものなのかも知れません。


無名の人が、いくら上手に描いたところで、そこに価値を見出す人は

少ないかと思います。紙とインクや絵の具代は、

まぁ、それが上等なものだったとしても、ほぼ価値としてゼロに等しい話です。



そう、受け取る側の価値観で、その付けられた値段に納得すれば、

その人なりの価値が、所有欲を満たす魅力なんだと思います。



また、ジュエリーは、元々は欧米の文化です。

和装だった日本には、1000年以上、装身具文化の歴史が全くありません。


↓お持込品へのダイヤモンド追加の加工(元々部分的に入ったお品物をベースに)
画像




なので、ヨーロッパの歴史ある文化に育まれた、高級ブランドが生み出す

ジュエリーの魅力には、そもそも”礎”の無い日本は勝てない気がします。



でも、最近ファッション界では、日本のブランドもすっかり世界と対等に

肩を並べられるまでに成りえたのですから、ジュエリー界においても、

そのうち日本人の”匠の世界”が通用するようになるのではないかと思います。



まぁ、でも、ジュエリーは技術よりもセンスですから、自動車とか電化製品のような

技術から生まれる性能は必要無い ので、厳しいのかなぁ?!(他人事のような…)


画像


画像




そんな大きい世界観のことを、ちっぽけな工房を営んでいる僕が

言う事自体、かなり”おこがましい”ことですが、


例えば、家とか自動車とか、腕時計とか、値段が高くなればなるほど、

使われる素材自体も違えば、テクノロジーも違う・・・・


見たり触れた瞬間に、なんだか違うその”オーラ”に気が付く場合が多いですよね。




でも、ジュエリーの世界では、18金は18金だし、プラチナも同じ物質で、

ざっくり言えば、せいぜい飾っているダイヤモンドの質ぐらいが変わる程度?!


ちっぽけな個人工房の僕が作るものも最高品質で、歴史あるブランドの

ジュエリーに使われているダイヤモンドも、おそらく鑑定上はほぼ互角なのに、

値段は5倍も10倍も違う・・・・


さきほどの”ピカソの絵の例え話”に似ていますね。



画像





そう、付加価値の魅力、所有欲を満たすステイタス性、そしてデザイン力、

そんな人を魅了する海外の有名高級ブランドには”夢代”というのも大事ですから、

そもそも、中身はどうでも、高額でなければ意味が無い・・・・偉くない!自慢できない!

誇らしげにできない!


どこどこの! が、自慢と所有欲を満たしてくれる最大の魅力”説得力”なのかも知れません。


でも、残念ながら一番間違いないと思って

手に入れたブランド物だったのに、売ったら二束三文にしかならなかった・・・

という話も耳することもまた事実です。それでも夢から覚めない人も居るし、

冷め切ってジュエリーはもう買わないという人も居るし、うちのような

”冷めた製作者”の元に、質や物質的価値を見い出しに来る方もいらっしゃいます。





そんな確固たる世界観やステイタスや付加価値に、いまさら、どんなに頑張ったところで

肩を並べるなんてことは不可能ですが、

ブランドの要素が無い、鑑定そのものがダイヤモンドの品質自体が価値ということを

知ってしまった今
、僕が作るジュエリーには、これからも最高品質のダイヤモンドを

取り入れながら、日常的に楽しめるもの、気取ることなくカジュアルに着けていただける

アイテムとして、今後もみなさまにご案内が出来ればなぁと思います。





似て同じもの・・・・



スーパーで買ったら90円のコーラが、コンビニだと140円、遊園地とか

ちょっと不便な場所の自販機だと160円のように、

まったく同じものが、たとえば

ローカルチックな場所だと5万円で、銀座や六本木だと15万円なんていうのは、

ブランドの付加価値とは、また違った意味あいの話ですが、

ジュエリーの世界、面白いもので、似てるというより

まったく同じものが値段だけ違うということも、

たまにあるようです。それも家電製品のような、ごくわずかな差ではなく、

10万円単位で異なったら、ちょっとびっくりです。


画像




工房に遊びに来てくれるお客様方から、いろいろ耳にすることもしばしば・・・



そう、周りの企業体で運営されているジュエリーメーカーは、

やはり大所帯ですから、経費も莫大に必要で、仮に同じものを売るには、

それなりの値段をつけないと経営が成り立ちません。


対照的に、工房アイボリータワーは、僕”ひとりメーカー”みたいなものですから、

周囲が高い値段をつけてくれているおかげで、

逆に安売りしているわけではない”価格設定”であっても、かなりの差があって、

それが信頼に繋がっているから、ありがたい話です。



画像


画像


画像




今後も、たくさん作れる規模ではありませんが、

ご興味を持って、ご信頼頂けるお客様方には、

ちょっと洗練された感じの、粋でシンプルなデザインに、

世に知れた有名高級ブランドと同等の最高品質のダイヤモンドを

取り入れたジュエリーを作って行きたいと思います。


画像




似て同じもの・・・そう、似てるのではなく、ダイヤモンドはどこで買ってもダイヤだし、

18金やプラチナも、物質自体に変わりはありません。

付加価値を取るか、素材の価値観を取るかは、お客様次第です。


画像




ちょっと、今回も長々とどうでも良い話をつらつら書いてしまいました。

読み切って頂いた方、くだらない話に付き合って頂き、ありがとうございました。






___________________________________


■工房アイボリータワー ブログトップページ

http://ivorytower.at.webry.info/   (PC版に切り替えてご覧ください)



 ■インスタグラム  リアルタイム/リアルライフ

ほぼ毎日更新!! 


https://www.instagram.com/IVORYTOWER.JEWELRY/





◆◆◆ 

  工房の営業時間 月曜日〜土曜日 12:00〜21:00
日曜・祝日 お休み   


店舗ではなく小さな個人規模の加工所です。
ですが、ブログ掲載のこれまでの作例加工例をご覧頂ければ、
当工房の仕事の内容がご理解頂けると思っております。
尚、新規のお客様からの修理や新品磨き・メッキ加工などは
現状作業が混みあっておりますので、お断りさせて頂いています。 



個人工房のため、営業時間内でも不在時多々あります。
直前・直近からのご来訪には対応できない場合もありますので、
必ず、事前にご連絡をお願いします。
天気の良い日は不在がちです。
費用や納期に関するお問合せは、
すべてお電話のみの対応とさせて頂きます。
営業時間外や休業日のお問い合わせのお電話はどうかご遠慮願います。

新規の方からの新品磨き・傷取り・メッキ加工のみ、特に他社製品のメンテナンスや

修理等は、現状受け付けていません。というか、時間が取れなくてごめんなさい。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
似て同じもの アイボリータワー☆ ←click/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる