アイボリータワー☆ ←click

アクセスカウンタ

zoom RSS 10o 3Dスカルペンダント

<<   作成日時 : 2016/11/22 16:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


気が付けば、そろそろ今年も年末の

雰囲気が近づいてきました。


おかげさまで、ご依頼が集中して、

相変わらず全ての業務を1人で行っているため、

なかなかブログの更新がままならぬ状況ですが、

インスタグラムの方は、日々いろいろ更新してますので、

工房の製作品や加工例などご興味お持ち頂いた方は、

https://www.instagram.com/IVORYTOWER.JEWELRY/

インスタグラムの方もご覧になって頂けると幸いです。



さて、今回は小さなスカルペンダントのご紹介です。

当工房で製作しているオリジナル商品、

j約1cmほどの小さなスカルペンダントには、

上あごスタイルの”タイニーモデル”と、下あごが付いた

3Dモデル”の2種類があります。



今作の18金製スカルペンダントは、スカルの縦サイズが約1cmほどの

小さなペンダントで、シンプルに骸骨を表現したスタンダードなモデルです。


このモデルをベースに、連続させることで、ブレスレットに仕立てた仕様

製作承っています。



画像



一緒に重ね着けしているチャームは、さらに小さな6ミリサイズの

スカルと”ファットスター9mm”を組み合わせたサンプル品です。


こちらの6ミリサイズの小さなスカルモデルも、

↓0,1カラットのダイヤモンドをセンターに飾った”7ミリファットスター”と

重ね着けしたパターンで、女性のお客様にもおすすめです。


画像




ドーんとデカいスカルペンダントだと、アンチな女性も多い”骸骨”でも、

素材を18金にして、小ぶりに作ると、途端に「可愛いぃ〜」に

変化するのが面白いところだったりします。




↓こちらも、長らくご好評いただいています、

小ぶりな”10ミリタイニー(上あごスタイル)スカル”。

18金製に小さなダイヤモンドをちりばめて、10万円以内で販売しています。

(サンプルモデルは、目にブルーダイヤモンドを入れて変化をつけた仕様です。)

画像

画像

画像

画像




↓こちらも、こぶりでさり気なく、大粒のダイヤモンドを飾れる、

一粒ダイヤのスカルペンダント。↑の10ミリタイニーを変化させたモデルです。



画像


◆関連記事
http://ivorytower.at.webry.info/201506/article_5.html


男性向けのペンダントトップでダイヤモンドを飾ったものというと、

一昔前なら、なんだか”気障なイメージ”が先行していた風潮でしたが、

今では、ファッションの一部といった感覚で、多くの男性が取り入れるのが

普通になった印象です。



ギラギラがお好きな方も、ほんのアクセントに取り入れる人も、

実は男性も、女性に負けず劣らずダイヤモンドが入ったジュエリーが

好きな人が多いと感じます。まぁ、自分もその一人だったりしますが・・・・



画像



でも、普段に着けられない、”フォーマル”で高級感のある

無機質なデザインで正統派なジュエリーだと、

やはり”浮いてしまう”イメージが漂います。


真逆に、元々シルバーアクセサリー的なモチーフデザインをベースに、

素材をゴールドやプラチナに変えて、ダイヤモンドを加えていくと、

不思議とカジュアルな雰囲気のまま、

ゴージャスなジュエリーに変身させることができるといったところでしょうか。

画像




そして、スカルというモチーフは、まさにそうしたスタイルに

最高に”ハマる”題材だったのだと思います。


でも、精巧に作ると、かえって人体模型のようになってしまうし、

”へのへのもへじ”なデフォルメし過ぎなスカルだと、

世の中的にあふれかえっているし、そのあたりの味付け具合は、

創り始めの頃は、ほんとに難しい題材だと感じました。

画像



また、造形する実際の作業でも、スタイリッシュに仕上げるのは、

もっと困難で、ほんの少し肉付け具合が変わっただけで変化するし、

正面から見て良い感じでも、横から見たり、後ろ斜めから見ると変だったり、

かなり長期間製作にハマらないと、なかなか納得する形には

仕上がらないといった、まるで”呪い”にかかったような作業の連続でした。



画像




そんな創り始めの当初は、困難な作業に”苦”を感じましたが、

そのうち、造形の楽しさにハマってしまって、今でも

ほんの少しの変化ですが、どのモデルにも形を整える作業を

取り入れながら、お客様の好みの仕様に仕立てさせて頂いています。




画像



そんなこんなで、おかげさまで、すっかり”ロングセラーモデル”となった、

10ミリ3Dスカルペンダント、今作18金製をはじめ、

プラチナ900製、シルバー925製を素材に、様々な宝石をプラスして、

ご案内させて頂きますので、ご興味をお持ちいただいた方が

いらっしゃいましたら、是非、お気軽に仕様別の費用や、納期等

お電話にてお問い合わせください。



■スカルアクセサリー関連記事

http://ivorytower.at.webry.info/theme/4bdc910392.html


■18金製スカルリング 関連記事

http://ivorytower.at.webry.info/theme/6b6cc69754.html

■スカルリング 関連記事

http://ivorytower.at.webry.info/theme/b17f5e2a2e.html



________________________________



◆ブログトップページ
(スマホ・タブレットの方は、下にスクロールしてPC版でご覧ください)
http://ivorytower.at.webry.info/

◆工房ホームページ

http://www12.plala.or.jp/ivory_tower/








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
10o 3Dスカルペンダント アイボリータワー☆ ←click/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる