アイボリータワー☆ ←click

アクセスカウンタ

zoom RSS 上質ダイヤモンド 特価販売 2016/11/11

<<   作成日時 : 2016/11/11 03:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像



特選ダイヤモンド FOR SALE !!  


今回は、選りすぐりのダイヤモンド、3石のご紹介です。




表記のお値段は、18金またはプラチナ製で、

女性向けの一粒石ダイヤネックレス(チェーンとセット販売)に

仕立てた場合のお値段です。



画像





また、今回ご紹介のダイヤを使って、リングやペンダントなどもお作り致します。

そして、こちらもご好評頂いています、お持込品への石入れ加工で、

クロムハーツ製品の代表的なモチーフ、キーパーリング、K&Tリング、

クラシックオーバルリングや、CHスモールクロス(縦約4cmサイズのベイル付きモデル)

などのセンター石に適したサイズが2石ありますので、

ダイヤ入れカスタムの一環として、もしご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、

どうぞこの機会に、ご一考頂けたら幸いです。





画像



@ 0,493ct.  #G VVS-1 3EX H&C(ハート&キューピッド)  

◆一粒石・プラチナ900製6本爪+チェーンプラチナ850製 40cm付き

¥XXXXXX.-    (税込み ご遠方の方は送料サービス)

18金製の場合は ¥XXXXXXX.- ご成約

A 0,462ct.  #G VVS-2 3EX H&C

◆一粒石・プラチナ900製6本爪+チェーンプラチナ850製 40cm付き

¥190,000.-   (税込み ご遠方の方は送料サービス)

18金製の場合は ¥180,000.- 商談中



B 0,339ct.  #E VVS-1 3EX H&C

◆一粒石・プラチナ900製6本爪+チェーンプラチナ850製 40cm付き

¥XXXXXX.-   (税込み ご遠方の方は送料サービス)

18金製の場合は ¥XXXXXXX.- 売約済み


各ダイヤモンドには、ソーティングカード(中央宝石研究所発行/写真参照)が

付きます。三つ折写真付き鑑定書(ハート&キューピッド鑑定付属)をお求めの方は、

別途6000円にて取得させて頂きます。


*ソーティングカード・・・国内最大手の鑑定機関が発行する

略式カード=鑑定の効力は三つ折写真付きと同等です。



お取引は現金特価、返品交換不可、ご遠方の方には、

銀行振込にて、ご入金確認後即発送させて頂きます。



尚、上記3石のダイヤモンドは、裸石の状態ですので、

ご注文の仕様により、納期が変わります。一粒石ネックレスの場合は、

営業日3〜4日後の納品または発送となります。

発送はヤマト宅急便を予定しています。(送料無料)



直接工房へお越し頂き、現品を確認の上、サンプル品などを

ご覧の上でのご注文も可能です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。



画像




@のダイヤモンド特徴は、カラーグレードこそ#Gカラー(最上位から4番目)ですが、

なんといっても、直径5ミリ以上で、0,4カラット台後半というひじょうに

珍しいカラット数のトリプルエクセレントH&Cグレードの石です。



本来、この位の直径サイズですと、0,5カラットの価格帯になるのですが、

それより遥かにリーズナブルな0,4カラット台の価格にて、

今回ご案内できるということで、一番にお勧めさせて頂きます。


ちなみに、同じようなグレードで0,5カラット台の石を使って、

プラチナ製一粒石ネックレスを作ると、概ね26〜27万円(税別)位の

お値段になります。


画像







続いて、同じ0,4カラット台の後半のカラット数で、直径サイズが大振りという

同様の理由でお勧めなのが、Aのダイヤモンドです。

0,45カラット以上のカラット数のダイヤモンドの流通量は少なめです。


画像



カラーグレードは同じ#Gカラー、最上位から4番目、VVS-2は、

内包物の有無度合い、透明度を評価した

”ベリーベリースライトリーインクルージョン2”の略号ですが、

10倍ルーペを使って凝視ししても、おそらく一般的に、内方物の位置や有無を

見つけられる人は少ないかも知れない・・・・そんなレベルの上質石です。



こちらも、0,5カラット台前半のダイヤモンドと比べても、

まったく見劣りしないレベルの比較的大粒なダイヤモンドです。


”比較的”と表現したのは、現実的に普段からカジュアルに身に着けられる

サイズ感という意味合いで、大粒な部類に入る立派なダイヤモンドだと

思います。あまり大き過ぎると、値段もそれなりになってきますし、

普段着け向けとしては、少々”可愛くない”サイズになってくると思います。


もちろん、体格、背格好とか、ファッションのスタイル、ジュエリーの取り込み方などで、

人それぞれだと思いますが、カジュアルに着けられるとしたら、

やはり0,4カラット〜0,5カラット台前半、直径サイズで約5ミリ位までが、

限界かも知れません。



画像




続いて、Bのダイヤモンドは、一粒石ネックレスに仕立てるのに、

ちょうどバランスの良い、女性の方に是非ディリーに使って頂きたい

ダイヤモンドです。


グレードも、申し分のない、上位クラスのダイヤモンドです。


画像




ダイヤモンドは、グレードよりも、自分の目でよく見て気に入った石を・・・

という話も耳にしますが、そもそも、グレードが上位クラスで、

見劣りしたり、曇っている石は、今まで見たことが無いですし、

大体専門のプロが、わざわざ売れ残りそうなダイヤを仕入れるはずもなく、

そういった事象が起こるのは、よく見ないで仕入れたり、数を流すような

売り方が故の事なのでは?と想像します。あくまでも個人的な想像です。



中には、トリプルエクセレントに完璧な形に研磨された石でも、

蛍光性の強い、”ストロングブルー”の評価の石で、

ごく稀に全体が曇った印象の石の存在を見かけることがありますが、

こちらは、一目で分かりますので、避けて当然といったところでしょうか。

人様におすすめする訳もありません。



もちろん、個々のダイヤに、力のある輝きの強さだったり、

白さが際立つような明るさが特徴だったり、照り感が強い石も存在します。


毎日ダイヤを見ている(人)環境なら、

そうした僅差の魅力・特徴が分かるようになってきますが、

それほど頻繁にダイヤを見る機会というのも少ないでしょうし、

大抵は、ジュエリーショップのハロゲン灯中心の明る過ぎの照明下で

見るわけですから、どの石も綺麗に見えちゃう・・・かなぁ・・・



当工房では、誰が見ても綺麗、美しいと感じて頂けるよう、

最初は誰もが半信半疑に感じられるかも知れませんが、

後になって、じんわり良い石を選んだと、徐々に実感して頂けるような、

気付いてくれるような、そんな売り方を これまでずっと行ってきていますので、

安心してご利用頂ければと思います。ちなみに、ダイヤモンドにはブランドという

付加価値はありません。鑑定上の評価がそのまま価格に反映されています。

しかも、実は4Cの鑑定評価に従って、評価ごとに全世界共通の相場がきまっています。



とはいえ、リングやペンダントなど、各メーカーやブランドでデザインされた

ジュエリー製品に飾られた瞬間に、その決まった価値基準は失われ、

仮に10万円のダイヤと3万円程度の地金(18金やプラチナ)の材料価値のものが、

100万円に化けるというのが、不思議なジュエリーの夢代値段となって反映されています。




自動車や腕時計なども、同様に材料価値として評価したら、定価よりも

はるかに安い価値だと想像しますが、そこには”デザイン”はもとより、

開発に費やされた”技術”の部分が、”動くこと”に大きく反映されますが、

”ジュエリー”は、人を乗せて可動するわけでもなく、時を刻むわけではないですから、

その不動の存在の付加価値をどう捉えるかが、

人それぞれの評価となっているような気がします。




ただ自然からのご褒美のダイヤモンドを美しく飾り、

目と心を癒してくれるこの産物を身に着けられるように工夫し、

より美しく反映するデザインと作りの技巧に、

いくばくかの評価はあって当然ですが、作る側の心持ちとしては、

行き過ぎた値段には、やはり甚だ疑問が生じて当然だと思います。


例えば、メレーダイヤ(小さい粒の石)、3カラットを”パヴェセッティング”

(全体に敷き詰める石の固定装飾細工)しただけで、400万円と聞いたら、

300万円のトヨタプリウスを2000万円で喜んで購入するような行為と

感じてしまうのは、僕だけではないと思います。


そんな付加価値が大きく反映したジュエリーを購入するのは、

お金持ちだけの”嗜みだけ”かなぁと思いきや、実際は”お金持ちの人”って

そんなバカげたお金の使い方をするはずもなく、

元々代々お金持ちの家に生まれて、そのまま労せずお金持ちのままなら別だと

想像しますが、勤労努力や工夫が実って財を得た人は、

逆に価値を見抜くのが早いので、300万円のプリウスを

100万円で手に入れてしまような思考回路を持っているような気がします。



そうした”賢い”お金持ちの方々に、ご用命いただく機会が多いのも、

当工房の特徴かも知れません。夢より実を取って、ご自身の行動が

周りに夢を与えるような感じでしょうか。


吹いて飛ぶようなちっぽけな個人工房だからこそ、

本来一般的に高額な内容のものでも、お安くできるメリットが存分にあります。


特に、会社を経営されていたり、ご自身で事業を営んでいる方々が

当工房のお客様の大半を占めることを鑑みても、

中間マージンとか、お店のランニングコストとか、人件費がゼロに近い!

というメリットが、どれだけ価格の面で大きく反映してるか、

瞬時にご理解いただけると思います。



まぁ、うちと同じ金額で、お客様に販売していたら、会社なら即倒産だと

想像します。また違った面で、個人の工房で作る、デメリットとしては、

製品の完成度(技術・技巧的な面)、質感の低さへの懸念があると思いますが、

それは、これまでブログ内に1000件以上の作品や各加工例の記事を

掲載していますので、

どうぞ、お客様の目でご判断ください。





画像



と、またまたいつもの脱線モードか!?って・・・

いいえ、ちゃんと本題に戻ります。



↓こちらは、@とAのダイヤモンドを真正面から写した写真です。

たった、0,03カラット(直径で約0,06ミリ)しか差がないですが、

こうして横に並べて目で見ると、結構大きさの違いって分かるものですね。

ちなみに、1カラットは0,2グラム

ですから、この差は0,006グラムってことになっています。

人間の目の性能って恐ろしいもんです。



画像





↓こちらは、左から@AB順に並べてみた写真です。


左と真ん中のダイヤが#Gカラーで、右が#Eカラー、

つまり、無色の評価が4番目(G)と、2番目(E)の差です。

写真ではなかなか判別出来づらいですが、肉眼だともう少し

右側のEカラーのダイヤが白っぽく見えます。



画像



一般的に、ダイヤモンドの色感を見るときは、石の横側から見ます。

下地はもちろん白色です。


色が無色か、それとも少し茶色というか、黄色味がかっているとか、

石1粒、単体で見ても分からないですが、

たとえば、最上位の無色評価の#Dカラーの横に並べると、

歴然と差が分かったりします。


また、ダイヤを飾る素材がプラチナ製や18金ホワイトゴールド製だと、

意外とダイヤの色の有無が分かったりするのですが、

18金イエローゴールドとか、ピンクゴールド素材のリングやペンダントに

色の評価が低い(HカラーやIカラー)ダイヤを飾っても、色の有無が

分かりにくくなる傾向です。






↓今度は左に#Eカラー、右に#Gカラーを置いてみました。

石の正面から見ると、色の度合いは、ほぼ分かりません。

カラー評価は、Dカラー〜Hカラーまでは、ほぼ無色といっても過言では

ないかも知れません。あとは、心の持ちようというか、満足度だと思います。


画像




何がなんでも、大きなダイヤが欲しいという向きもありますし、

小さくても綺麗な石(フローレスやIF/VVS)が良いという向きもあります。

感覚や価値観は人それぞれですので、当工房では今回ご紹介以外の

ダイヤモンドでも、お客様のご要望・ご予算に合った石を

短時間でご用意することが出来ますので、

今回は、厳選おすすめということで、3石のご紹介でしたが、

他1カラット以上のダイヤモンドでも、ナチュラルピンクダイヤモンドでも、

ハートシェイプでも、なんでもご相談ください。


当工房のデメリットとしては、カードが使えない、お店のように

綺麗に商品が並んで見れない(要するにストックが無い)、

工房の一切の業務を一人で行っているため、お店のように

常時オープンしていない(ご来訪に予約が必要)ということことが

挙げられます。無論、工房は作業場そのものなので、綺麗ではありません。



でも、現金でのお取引ならではの”特価”でもありますし、

無駄に在庫を持たないことも、特価の反映になりますし、

店舗ではないことで、これも無駄なコストがかからない=特価に繋がります。


反対に、一等地にお店、それも店員さんが何人も常駐して完璧なおもてなし、

照明や調度品、インテリアも完璧であればあるほど、

本来の原価価値に対して、何倍もの値段へと育っていくわけです。



ジュエリーを作り始めて、気が付けばだいぶ年月が経ちましたが、

いまだに、曖昧な夢代なのか、交換価値なのか、それとも美的な反映が正義なのか、

さ迷っています。


ただ、おかげさまで、毎年、一人ではもう無理!って何度も感じるほど、

お客様が増えていくことを、ありがたくもあり、迷惑でもあり(笑)を

実感していると、自分の向かっている方向も、あながち間違いではないなと

思います。

今後も、良いものをより安く、より早くご用意できるように、

頑張ります。


そんなこんな僕が、今回、お得に感じて選んだのが、

3石の美しいダイヤモンドです。



ちょっと、買ってみようかなぁと

思い始めちゃって頂けましたでしょうか?


工房へのアプローチ(お電話のみ)が、ちょこっと煩わしいですが、

是非、お気軽にお問い合わせください。


半分職人なんで、営業トーク一切しません。

欲しいものと予算を言ってください。予算が少ない場合は諦めてください。

迷ってるなら買わない方が無難です。事実しか説明しません。

趣味のことになると、饒舌になるかも知れません。子供が居る時間、

ちょっこっとうるさいです。逆にお子様連れ、歓迎します。

勝手に遊んで頂いています。ご夫婦のお客様多いです。

お土産持参の方が多くて大変恐縮ですが、

”ハウスルール”ではありません。でも、甘いもの結構好きです。

車、置きやすいです。特に19時以降は、目の前オッケーです。

お車の方、道順は昭和通りを一回曲がるだけで目の前です。

駐車禁止重点地区です。ご予約といっても、ご来訪予定の2時間前にでも

今日行くから〜!っとお電話頂ければ十分対応させて頂きます。








クリスマスのプレゼントにちょうど・・・という人も是非、

自分のご褒美に、クロムハーツ製品に飾ってみようかなぁ

(他の条件でも、ダイヤをお探しできます)という人も是非、

この機会にご注文お待ちしております。








■一粒石ダイヤモンドネックレス 関連記事

http://ivorytower.at.webry.info/theme/25c3046a50.html

____________________________________________________


■インスタグラムも是非ご覧ください。

当工房の活動がリアルに伝わると思います。

https://www.instagram.com/IVORYTOWER.JEWELRY/



◆ブログトップページ・・・一番下までスクロールして、
パソコン版でご覧願います。(見やすいです)

http://ivorytower.at.webry.info/



◆工房アイボリータワー ホームページ
http://www12.plala.or.jp/ivory_tower/



お手持ちのアクセサリー・各アイテムの修理や小加工、

石入れ加工、さまざまなカスタマイズに関しての

お問合せは、工房のサイトよりお電話にてお問合せください。

(勝手ながら、メールでのご質問対応は、
不可とさせて頂いています。ご了承願います。)



◆◆◆ http://www12.plala.or.jp/ivory_tower/

工房の営業時間 月曜日〜土曜日 12:00〜21:00
日曜・祝日 お休み 




個人工房のため、営業時間内でも不在時多々あります。
直前・直近からのご来訪には対応できない場合もありますので、
必ず、事前にご連絡をお願いします。
費用や納期に関するお問合せは、
すべてお電話のみの対応とさせて頂きます。




















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上質ダイヤモンド 特価販売 2016/11/11 アイボリータワー☆ ←click/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる