アイボリータワー☆ ←click

アクセスカウンタ

zoom RSS プラチナ製 ”最高峰ダイヤモンド” クロスペンダント

<<   作成日時 : 2016/01/11 03:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像



合計11石、総2,541カラットの極上ダイヤモンドを飾った、

とんでもなく綺麗に輝くプラチナ製の

クロスペンダントのご紹介です。



”ダイヤモンド”という宝石が世界中から愛され続けている

理由が一目で、それも理屈抜きで分かります。




画像




定番のジュエリースタイル、石枠を連続させた爪止めの

クロスペンダントトップは、プラチナ900製。


一般的な量産型のキャスト(鋳(ちゅう)造=形に金属を流す)メイドではなく、

オールハンドメイドの一点もの、”鍛(たん)造品”になります。


鋳(ちゅう)造品よりも、金属地金がよく締まった鍛(たん)造製法は、

こうした一見”華奢”な構成でも、硬く丈夫でキズが付きにくく、

耐久性があり、その硬さにより、プラチナならではの地肌の金属光沢も

魅力となります。


ネックレスチェーンは国内大手製鎖メーカーのシンプルな

アズキタイプのチェーンですが、ペンダントトップに合わせて、

同じプラチナ(こちらは、より硬度を高めた850)製です。


チェーンのサイズ感は、ペンダントトップのボリュームと、

今回ご依頼頂いたお客様の体格(男性/身長180cm)に合わせて、

全長約53cm、最大幅約2,8ミリ)をセットしました。


留め金具は、自然な抜け落ち、脱落のリスクを考慮して、

セイフティーロックが付いたプラチナ製金具を選択しています。


画像





そして、今回の主役のダイヤモンドは、11石すべてが

トリプルエクセレント(ハート&キューピッド)の鑑定カードが

付属するという、もはや”最高峰”といっても過言でない、

美しくまばゆく輝くダイヤモンドを飾っています。



画像




1石あたりのアベレージは、0,23カラット、直径約4ミリ弱、

ブリリアントカットの最高峰3EX(H&C)、

カラーもすべて最高ランクの#Dカラー、クラリティー(透明度)は、

VVS-1が10石と、クロスセンターに飾った1石のみ、さらにワンランク上の

インターナリーフローレス(IF)です。


画像




ジュエリーの世界には、上には上が存在し、

もっともっと凄い内容のお品物も多々あるかと思いますが、

今回ご依頼いただいた、こちらのクロスペンダント、

高級ブランドでも、ここまで高品質のダイヤモンドを全て揃えた、

スペック(仕様内容)を商品にしているものは、

存在しないと想像します。




また、仮に存在しても、店頭では300万円とか、400万円とか、

わけの分からない、内容価値に対して付加価値付き過ぎなプライスで

販売されるだろうと想像します。(あくまでも個人的な勝手な想像です。)




ちなみに、今作プラチナネックレスチェーン(53cm・約20g)も付属しての

価格は、130万円(+税)  です。


昨今、ご婚礼の際の婚約指輪の主流である、0,25〜0,3カラットの

上質ダイヤをまとったプラチナ製のリングが、

平均単価20万円(〜30万円)だとしても、

それが今回の質量で、11点分作れてしまう内容です。

一般小売価格を想定しても、11点×20万円=220万円位になるわけですから、

当工房の価格設定がいかに適正か、それよりも下回ることと思います。

画像




もっと細かい内容では、ダイヤモンド1石あたり9万円(1石のみ10万円)、

それが11石で100万円、クロスペンダントの製作費(地金+工賃)が10万円、

プラチナ製のネックレスチェーンが20万円、合計130万円といった内容です。


(但し、今回の常連のお客様とのお取引では、

一度に11石ご購入する形ということも含めて

特別価格となっています。また、相場の影響もあり、

常に同じランクのダイヤが1石9万円前後

ということではありませんので、悪しからず。
 




これが、当工房の価格設定の根拠です。

当工房はあくまでもジュエリー好きな

吹けば飛ぶような、ちっぽけな”個人工房”ですから、

利益よりも、美しいものを作って完成を見たい気持ちの方が大きく、

また、それを依頼してくれたお客様が着けてくれて、

幸せな気持ちになってくれることが

一番の目的で活動しています。


なので、自分にとっては、発送前の完成写真を撮っている時が、

ほんの束の間の”至福の時”かも知れません。


その後は、お客様がず〜っと幸せでいてくれるのが、一番です。


画像




今回も、ご遠方からのご依頼、ありがとうございました。


気が付けば、数年来のお付き合いさせて頂いておりますが、

まだ、いまだかつて、実際お目にかかったことがなく、

いつもお電話とメールだけで、失礼しております。


そうしたお客様が他にも何人もいらっしゃって、大変恐縮ですが、

今後も、素人ながらも、ブログの画像と解説文で、さらにご判断しやすく、

明朗に内容をご理解いただけるように、工夫させて頂きます。




また、ブログを毎回閲覧いただいている、たくさんの方へも、

いつも感謝しております。


年末で、このブログもちょうど丸6年を越し、日々3000〜30000のページビュー、

250万アクセスを超え、少しでも多くの方がたに、

ジュエリーを”特別高価なもの”と、ただ漠然と捉えるだけではなく、

正しい知識と価値観を知ってご理解頂ければ、

もっともっと身近に、本当に質が高く美しいものが、日常的に楽しめる

魅力あるものとして、受け入れて頂けるようになると感じます。


これからも、できるだけ専門的な言葉を控えめに、わかりやすい言葉を使って、

お伝えしていこうと思っています。


僕自身は、今年でアクセサリーやジュエリーを作り始めて、

やっと17年目になります。でも・・・



まだまだ、素人に毛がはえた程度ですし、作って着けるのが楽しみといった

変わった”職人”でもあります。


なので、これからもユーザー様と同じ目線で、流行と

技術・技巧の両面で、これまで以上にスキルアップを目指します。


2016年もどうか、工房アイボリータワーの応援を

宜しくお願いします。



画像







ブログ内でご興味のある作例・加工例がありましたら、

製作費用や納期に関して、

詳しくは、お気軽に工房までお問い合わせください。


____________________________________________________


◆ブログトップページ PC版推奨
http://ivorytower.at.webry.info/
◆工房ホームページ
http://www12.plala.or.jp/ivory_tower/




画像



画像



画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プラチナ製 ”最高峰ダイヤモンド” クロスペンダント アイボリータワー☆ ←click/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる