アイボリータワー☆ ←click

アクセスカウンタ

zoom RSS 工房アイボリータワーのご案内です。

<<   作成日時 : 2015/01/07 13:47   >>

トラックバック 0 / コメント 1

工房アイボリータワーにご興味をお持ち頂き、

閲覧ありがとうございます。
  


画像


当工房では、オリジナル製品の受注販売(セミオーダー)を中心に、

各種加工(リフォーム・修理含む)、特にお手持ちの製品にダイヤモンドを

飾る石止め加工や、結婚指輪・婚約指輪などご婚礼向けの指輪の製作、

一粒石ダイヤモンドネックレス等、極上のダイヤモンドをリーズナブルに

各アイテムに仕立てさせて頂いて、エンドユーザー様に

直接販売しています。ご遠方の方々にも通販スタイルで、日常的に

ご利用いただいています。
 





気分が上がる、光り輝く上質なダイヤモンドを取り入れて、

カジュアルにディリーに身に着けて楽しんで頂ける、ちょっぴり贅沢な

ジュエリー作りを中心に活動させて頂いています。



頑張って稼いでいる賢い大人の方々に向けて、

まるでファッションの一部のように、気軽に楽しんで頂けるよう、

高品質なダイヤモンドを厳選して、より身近に存分に楽しんで頂けるジュエリーを

ご案内させて頂きます。



画像





■営業時間  ☆12:00〜21:00☆(月曜〜土曜) 

定休日//日曜・祝日 



03-3831-7805

一人営業・一人製作作業のため不在時多々有ります。 

ご面倒おかけしますが、工房のサイト内には、携帯電話も掲載していますので、

ご利用ください。


++突然の来訪には対応できません。++

時間外のお電話はご遠慮願います。 ←面倒でも、

必ずお出掛け前にご確認くださいませ。


(ご来訪はご予約をお願いしています。当日でも結構ですので、大体のお時間だけ

お知らせいただければ助かります。



画像

画像

画像



☆店舗ではなく、単なる製作作業現場ですが、ジュエリーショップの緊張感も皆無で

お気軽に、これまでたくさんのお客様にご来訪頂いています。

雰囲気重視の方は、どうかご遠慮くださいませ。


■JR御徒町駅南口 下車徒歩5分

■地下鉄日比谷線 仲御徒町駅から徒歩2分


道順は簡単、自動車でのお越しの方も、昭和通りから一度曲がるだけです。
周辺にはコインパーキングがたくさんございますので、
ご利用ください。(駐車禁止取締り重点地区です。)



■製作品に関しての費用や納期などに関する

お問い合わせ、ご来訪のご予定などすべてお電話にて対応させて頂きます。


■携帯の番号だけで、メールがやり取りできる、”ショートメール(SMS/Cmail)”を

活用させて頂いています。


■ご精算振込口座のご案内や、画像添付など、お取引にメールが必須な場合は、

メールアドレスをSMSにてお知らせします。

メール・ブログコメント欄・facebook対応していません。


常時、PCの前に座っている環境ではありませんので、
ご理解をお願いします。




■工房所在地:〒110-0016 東京都台東区台東4-5-3 一軒家
facebook


◆HP/http://www12.plala.or.jp/ivory_tower/




■業務内容 ジュエリー製作・加工・直販売

ブログ内掲載の各種オリジナルモデルは、
工房内にてサンプル品をご覧頂き、お好みの仕様で製作承っています。

工房お渡しまたは、ご遠方の方へは通販スタイルでお届けしています。
お取引は全て現金のみです。
 
その他、ジュエリー・リフォーム、カスタム加工(仕様変更)、
トップグレードのダイヤモンド他、各種宝石追加/加工など、
ユーザー様のご要望にお応えしています。 





当工房への製作や加工のご依頼方法は、ひじょうに簡単です。


お電話でお問い合わせ頂き、お好みの仕様・費用をご相談いただいてから、

製作ご依頼の場合は、前金制にて製作着手となります。
(現金でのお支払い、または銀行振込ご精算となります。)

お持込品への加工・修理の場合も、お電話にてご相談承ります。


ご遠方の方からのご依頼も頻繁に頂戴しています。

同様に、ブログ掲載画像を参考に、お好みの仕様にて

ご予算を頂戴して、完成までお待ち頂く形となっています。

納期はモデルによってまちまちですが、特殊な仕様を除き

概ね1週間から2週間位です。





トラブル防止の為、細かい事が気になる神経質な方
ご要望が途中で転じる面倒な向きの方は、
当工房との一切の関わりをご遠慮願います。
正確な加工を追求することを”主目的”としていません。
手作業による歪み、非対称性を”雰囲気”や”味”と捉えて頂ける方のみを
対象とさせて頂いています。
また、出来上がったそのままを受け入れて頂くことが
受注製作のお取引条件となります。常識的な大人の感覚のお客様のみを
歓迎させて頂きます。ブログ内表記の価格は、予告無く変動します。
***取り扱い素材は18金/プラチナ/シルバーに限ります。***
 







画像

↑左;18金ダイヤパヴェ”95(ナインファイブ)”クロスペンダント&ネックレスチェーン ¥432,000  
右;18金スカルリング・ダイヤパヴェ ¥648000





画像

↑↓”パンサー”ミドルチェーンブレスレット プラチナ900+ダイヤモンド&ダイヤパヴェ
センター石 0,4ct#D VVS−1 #EX  ¥1,425,600


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像





ジュエリーの世界に身を投じて、早16年ほどが経ちましたが、

日本は先進国でありながら、西洋的なファッションの中でも特にジュエリーに関しては、

洋装になった明治時代から歴史が始まったこともあり、

かなり出遅れている分野といった印象を持っています。


中でもダイヤモンドを代表にした宝石類の価格帯の不明瞭さ、

貴金属素材についての知識など、

一般的にはまだまだ浸透していませんし、その物質的な価値から、耐久性、

使い心地まで詳しくご理解頂いていない部分が多く、

それがまたジュエリーの”あやうい魅力さ”でもあり、知らないと、価値が無いものを、

かなり高い買い物として強いられる世界でもあります。



例えば、素材の”ホワイトゴールド”と聞いて、

明快に説明できる人はほとんどおらず、

また、いまだに”キュービックジルコニア”(ダイヤモンドの代用品←偽者ではありません/

天然皮革の代用品が合皮や”ヌバック”のように、あくまでも”代用品”です。)を

検索される人がたくさんいらっしゃるように、知識はもとより、その物質的な

価値観さえも、正確に捉えられていないような感覚です。


ちなみに、直径約6,5ミリ、概ね1カラットサイズの

上質なダイヤモンドは100万円〜200万円台、

同じサイズのキュービックジルコニアは百円単位です。


でも、1万倍も値段の差がありながら、実際には、

残念ながら普通の照明下で見たら、誰にも同じように見えてしまいます。




↓左のペンダントはキュービックジルコニア、右側は天然石ダイヤモンドが

並んだクロスペンダントです。

画像



一時、人造石、合成石である”キュービックジルコニア”を

CZダイヤモンド”というひじょうに まぎらわしい名称・商品名で、

販売されていた時期がありましたが、ダイヤモンドの大きな粒が

安く買えるはずはないのに、ずいぶんとこのただのキュービックジルコニア

天然のダイヤと間違えて100円200円のキュービックジルコニアを

有り難がって意外と高値で購入された人が

かなり多かったと想像します。CZは、単純にCubic ZirconiaのCとZの頭文字です。


ただ、キュービックジルコニアは安価で高性能であっても、

それを指輪に仕立てたり、ペンダントトップやピアスに仕立てたりする場合は、

シルバー製ならまだしも、1グラム数千円の18金やプラチナで作れば、

その材料費のほかに、デザイン代や加工費、石をセッティングする加工代、

さらには販売するために必要な経費も含めれば、

結構なお値段になってきます。なので、仮に安価なキュービックジルコニアを

飾った品物といっても、数万円の範囲で購入されたなら、逸脱した価格で

購入したことにはなりませんので、誤解の無いようにお願いします。

ミニマムな予算しかない人ほど、自身の足りない部分はそのままに、

相手側に非があると即回路が働くような気がします。


天然の大きな粒のダイヤモンドは、そうそう安くはありません。

ピンから切りまで、例えば1カラット、丸い石で直径6,5ミリほどのダイヤモンドは、

みなさんがダイヤと聞いて想像するある程度透明な石で、

下は20万円台位から、上は300万円位まで存在します。

もちろん、中には50万円程度しか価値が無いのに、店舗にお金が掛かっている

店頭で購入すれば100万円っていうパターンも多々あると想像します。


ただ、全体的には、ボロッボロの5万円の中古車から、

3000万円のフェラーリが存在するように、

実際に見たら、誰もが一目で納得できる違いがあります。


それが、数百円足らずで300万円のダイヤモンドの見映えと同じものが

買えてしまうわけですから、キュービックジルコニアの存在は驚愕です。


一方、ダイヤモンドの1カラットほどの大粒が、20万円以下でネックレスや

指輪などの製品として販売されている例もありますが、

まぁ、角砂糖のように白濁したような石ですから、いくら天然石といえども、

ダイヤモンドとしての価値はゼロですし、見た目ならキュービックジルコニアの方が

はるかに綺麗なのも事実です。


上質で中央宝石研究所やGIAの鑑定書(鑑別書ではなく)付きの

1カラットのダイヤモンドならば、購入方法にもよりますが、売却時にも

かなり評価されますが、中級クラス以下の場合は、買う時だけ高くて、

売ったら二束三文の場合が多いです。また小さな粒のメレーサイズの

ダイヤモンドは、たくさん並べてキラキラするのが魅力ですが、

やはり購入時は高額気味で、売却時にはゼロではありませんが、

価値は無いと思った方が無難です。







そう、内容をよく理解した上で購入した場合と、なんだかよく理解もせずに

ただ、一部分が安価だったから失敗したと捉えるのでは、

同じ商品を購入したとしても、満足度はかなり異なります。


また、ダイヤモンドと輝きに劣らない高性能なキュービックジルコニアを

上手に活用しているユーザー様も多くいらっしゃいます。

リングやペンダントは、ダイヤモンドジュエリーを楽しんでいながら、

紛失のリスクが高いピアスや、ブローチなどにキュービックジルコニアを

飾って、万一なくなったとしても、それほど痛手ではないという使い方を

されているお客様もたくさんいらっしゃいますし、フォーマルな

”冠婚葬祭用”ではなく、日常的に使えるトラベラーズジュエリーとして

活用されている人もいらっしゃいます。


疑心暗鬼でジュエリーを捉えて、いつまでも楽しめないのでは、

ひじょうに残念ですから、ちょっとでも分からないことがあれば、

ググって調べて、ある程度知識が持てれば、

”高嶺の鼻”だと思っていたものが、

より身近に良質なジュエリーを手にして楽しめるようになると思います。



このように、深く知識を得ないと、本当のところ物質的価値の無い安物なのに、

簡単に高額で買わされてしまうような世界でもあり、

一番信頼を寄せられる”ブランド品”でさえも、もしかしたら一番それに近い存在

なのかも知れません。



そんな中、貧乏工房でも、カジュアルに日常的に楽しめるデザインを中心に、

できるだけ物質的な価値を持たせて、

良質なダイヤモンドを使って、名の知られていない製品でも、

一流品の真横に並べても見劣りすることなく、満足を得られる

”美しい商品”が作りたいと真摯に作業し、製作することを目的に

活動を続けさせています。


このあたりの感覚は、いろいろ経験値を積んだ結構な”大人”にならないと、

なかなか理解されにくい部分でもありますが、共感頂ける方で、

何か気に入ったデザインのものがありましたら、

一度お付き合い頂ければ、ジュエリーの”真骨頂的”な部分が

簡単にご理解頂けるかと思います。



但し、当工房で表現するところの”リーズナブル”とは、

=値段が安い(低い)ではなく、

同じようなものが、一般的な小売り価格よりも、遥かに安いことを意味していますので、

価格自体は高額品が中心となっています。”安物買いの銭失い”は、

今も昔と変わらない常識だと感じますし、さらに、ジュエリーの世界は、

高物買いの銭失いも多々ある世界です。




それは、例えば同じ売価50万円の製品でも、素材的原価が10万円で、

あとはデザイン代等の付加価値的な代物と、40万円の素材を使った

代物では、質感的にも”雲泥の差”となって現れるのが現実です。


画像



個人工房なら、10万円の工賃や手間代で十分ですが、

大企業は、流通・人件費・テナントなど、ありとあらゆる部分でコストがかかります。

これが、個人工房と大企業の生み出す商品の価値の反映の差だと感じています。




本来は正反対で、一個人が作るものは、ちゃちくて、安っぽくて、

大企業が作るものの方が、カッチリと作り込みされているはずなのに、

冗談みたいな話ですが、不思議とジュエリーの領域となると、

大逆転するから面白いですね。



画像




というわけで、当工房、かなり珍しいスタイルで活動していますが、

一昔前は、お客様と職人さんが直接取引するのが当たり前の業界でしたから、

多様化と本質主義がまた主流になってきた現在では、

独自のアイデアを元にデザインして、

作った本人がそのまま直接お客様に買って頂くというスタイルは、

物質的価値を落とさずに、

これからのジュエリーの販売方法としては、ごくごく普通の売り方になっていくと

実感しています。

本当のダイヤモンドの輝きの魅力と、物質的な価値観を

たっぷりとお楽しみ頂ける商品をご案内させて頂きます。






画像









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
頑張ってくださいね(^_^)/
@おーるど
2017/05/31 00:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
工房アイボリータワーのご案内です。 アイボリータワー☆ ←click/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる